1. まとめトップ

オシャレすぎて入りにくい…後悔しないための美容室の行き方攻略完全ガイド☆

なかなか初めての人には、入りづらい美容室、その不安を少しでも解消できればいいなと思います。

更新日: 2017年05月27日

negiponzsさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 4603 view
お気に入り追加

誰にでもはじめてはある、と頭ではわかってはいるものの、いざとなるとおしゃれすぎてしり込み

してしまいがちな美容院ですが

美容室はおしゃれにヘアメイクをする場所。
それ以上でもそれ以下でもありません。
そして美容師さんはその手助けをしてくれるその道のプロフェッショナルです。
安心してお任せしましょう。こちらは客として訪れるのですから、堂々と胸を張って入店しましょう

まずは「苦手意識」を把握、克服しよう。

最初に知っておきたいことが、「美容院を苦手だと思ってしまう理由」。

お洒落な人が多くて自分が馬鹿にされそう?

髪型の注文の仕方がわからないと格好悪い?

言い出すときりがないと思いますが、、ここだけ抑えておけばというポイントにしぼって解説し

ていきたいと思います。

なにをもっていけばいいの?

美容院に必要な持ち物は?

お金(予算5000円~1万円)
  お店の料金をあらかじめチェック


カットの見本となる雑誌の切り抜き、画像など
  口頭でこうしてほしいといえるならなくてもOK

入店からの流れって?。美容院の基本システム

まずは事前予約!

最近は事前予約必須の美容院も増えています。
予約は専用のWEBサイトや電話で。

美容院は基本、予約制です。電話やインターネットを使って予約してからお店に行くようにしてください。

床屋さん:
  予約なしで行ってOK。待ってるお客さんがいる場合には、順番待ちをする
美容院:
  基本、予約制。飛び込みで入っても、予約でいっぱいですと断られることのほうが多い

何を話せば?…美容師さんとの会話

基本的には美容師さんから話し掛けてくれるものです。

美容室はコミュニケーションにも力を入れているお店が多いです。

会話をすることでお客様にリラックスして欲しいという狙いもあるため。

「自分から会話をしなきゃ気まずい……」なんて思って無理に話さなくても大丈夫。

会話が苦手であれば、美容師さんが用意してくれた雑誌を読んだり
携帯をいじっていてもOKです。

どうしても気まずいという場合のために、時事ネタやテレビの話題、美容師さんの仕事話など使
える会話パターンをおさえておくのもいいかもしれません。

終わりに。

実は日本の美容院の店舗数は実に23万件オーバー

日本の信号機の数が19万機程度、コンビ二は10万件無い程度なので、美容院の数はまさに

石を投げたらあたるんじゃないか状態ですね。

こんなにたくさんあるのですから、1つの美容院で失敗したら、その時は違う美容院に行けばいい。

気負わず、コンビニに行く感覚で行きましょう。

1





主に美容、ヘアスタイル、ファッション、アートのまとめを
その他好きなことを気ままにあげていきます。!