貧血になると体を動かした時に、体のさまざまな所に十分な酸素が行き渡らず、それを補うために心臓や肺が懸命に働くことで、体動時の動悸、息切れ、耳鳴り、めまい、頭重感、集中力が低下するなどの症状がおこります。

出典鉄欠乏性貧血、その他の造血因子不足による貧血|慶應義塾大学病院 KOMPAS

精神疾患の症状と酷似しています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

症状が長引く原因に…「貧血と精神疾患」の関連がかなり濃い

増え続けている精神疾患ですが、鉄欠乏貧血との関連性がかなり深いということが分かっています。

このまとめを見る