1. まとめトップ

三菱財閥が危機的状況に!技術ボロボロで豪華客船・飛行機MRJ・自動車不正で完全オワコン化!

三菱財閥で技術がボロボロになっている事が明らかになりました。三菱重工が客船事業で2400億円の赤字を出し、飛行機を作れば納期が遅れて大ピンチ、三菱自動車が不正を行っている事が明らかになって日産の傘下に入り、原発も動かなくなって事業として成立しなくなりました。

更新日: 2016年11月14日

0 お気に入り 3852 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

造船や航空機といった有力事業に暗雲が垂れ込めており、「四重苦」「六重苦」などの指摘も聞かれる。

◆ほぼ全車種で三菱自動車の燃費データ改ざん

コンプライアンス経営が完全に破綻しており、事業を通じて社会に貢献するという存在意義から遠く離れた企業に成れ果てた感さえあります。

違法行為は法治国家である以上、個人・法人を問わず決して認められません。それが、データ測定において1991年から25年間以上も全面的に行なわれていたなんて…。

「二度ある事は三度ある」と想定して、もう一度何か問題が起こったとしても三菱自動車が再生するにはかなりの企業努力が必要になります。

◆客船で巨額の損失

採算を度外視して12万トン級の2隻を強引に受注しましたが、技術力がないのに強引受注してきた結果、納期が遅れて大損失を出しました。

三菱重工は、受注が落ち込んだリーマン・ショック後の2010年に、大型客船を商船事業の柱に据えた。日本の造船業の盟主として付加価値が高い大型クルーズ船を建造し、収益の柱とするはずだった。

問題の大型客船は2011年にドイツのアイーダ・クルーズ社から受注したもので、12万トン級2隻。しかし、設計や建造に手間取り、納入が遅れるなどした結果、16年3月期までに約2400億円の損失を計上

三菱重工が大型客船から撤退すると発表した2016年10月18日。東京都港区の本社で会見した宮永俊一社長は、険しい表情で語った。

(2隻の客船を手がけた)長崎造船所は大変プライドが高く、閉鎖性があったのではないか。自分たちでなんでもできるという意識、自前主義の根がここまで深かったのかと実感

大型客船は完成しましたが、巨額の損失を出したので、今後は受注しない見通しとなっています。

「大型客船をつくることはコスト的に全く成り立たない。当分無理だと思う」。2016年10月18日、東京都内で記者会見した三菱重工の宮永俊一社長はこう述べ、10万トン超の大型客船事業からの事実上の撤退を発表

大損失を出した大型客船については、社内にさほど経験が蓄積された事業でないにもかかわらず、現場の楽観的な判断で受注した模様

三菱重工は、安定した事業が多いですが、豪華客船事業で失敗して2400億円の赤字を出した事が響いています。

最近の大型客船は全客室に無線インターネット設備が整備され、豪華な劇場やプールがある。海に浮かぶ高級ホテルを建てるようなものなのだ。内装など発注側の要求水準に、結局、三菱重工は応えきれなかったことになる。

三菱重工業が31日発表した2016年4~9月期の連結決算は、最終損益が189億円の赤字(前年同期は433億円の黒字)だった。4~9月期決算で最終赤字に転落するのは7年ぶり。

◆国産旅客機MRJが遅れている

造船と並ぶ三菱重工が抱える「苦」と言えば、子会社「三菱航空機」が開発中のジェット旅客機「MRJ」の納期が大幅に遅れていることだ。

延期に伴い、MRJの開発費は計画を大幅に上回る3000億円規模に膨らむ見通し。受注が確定した427機はキャンセルでき、せっかく獲得した顧客を失う可能性もある。

三菱重工が過去10年間に計上した特別損失は、実に年平均で600億円に達する。大型客船とMRJは、ほとんど経験のない分野に挑んだ点で共通している。

航空機の製造というのは、実はもうからないビジネスとなりつつある。この世界にもコモディティ化の波が押し寄せており、産業構造の変化が進んでいるのがその理由である。

三菱重工業は既にMRJの開発に4000億円近い費用を投入しているとも言われるが、プロジェクトとして利益を上げることはかなり難しくなっている。MRJには三菱の顔としての役割があるものの、全社的な収益にはほとんど貢献しない可能性が高い

◆原発でも行き詰まる三菱

福島原発の事故以降、国民が脱原発を望むようになっており、脱原発の動きが今後とも加速していくと見られています。

米国では、原子力発電所に納めた蒸気発生器が壊れて廃炉になったとして、7000億円もの巨額賠償を請求されている。2年前に火力発電所事業を統合した日立製作所とは、南アフリカの発電所建設で発生した損失負担をめぐり争っている。

三菱は、国民を危険にさらす戦争をしてぼろ儲けしたり、原発でぼろ儲けしようとしています。

◆不動産でオワコンの三菱

1 2