1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ムキムキなボディに憧れる・・・筋肉をテーマにした漫画まとめ

面白いだけじゃなく、筋トレ本としてもオススメ。(女の友情と筋肉、ダンベル何キロ持てる?、初恋ボディー、同級生のマッチョ君、聖マッスル、筋トレ社長)

更新日: 2017年03月14日

sryamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
181 お気に入り 75764 view
お気に入り追加

◎『女の友情と筋肉』  KANA

ちょっぴり? マッスルだけどとっても優しい女の子たち“イオリ、ユイ、マユ”の三人が繰り広げる、頑張るみんなを応援するキュートでファイトな4コマまんが。

女の友情と筋肉本当面白いなぁ。女性心理とか。女性作家さんは心理描写が本当に上手いと思う。

女の友情と筋肉バカにしない方いい。面白いから。読んだら癖になるから。 兄が買ってきて読んでみてはまって続きも買ったらなんか増えてたけど言われたwもう何回も読んでいる

女の友情と筋肉は全巻買ったけど、 あれは、表紙だけをみて買った 数少ない漫画です。 正直、ツッコミきれんぐらいに 面白いです。 まず、女の友情に筋肉要らんし^ - ^ どっかの人類最強の吉田さんですか?

◎『ダンベル何キロ持てる?』  サンドロビッチ・ヤバ子、MAAM

”食べること”が大好きな紗倉ひびきは友人の一言をきっかけにダイエットを始めようと決意する!!運動を一人では続けられない彼女が入会したスポーツジムでお嬢様の奏流院朱美と出会うのだが…!!

「ダンベル何キロ持てる?」とゆー漫画が面白い。筋トレやダイエットを考えるアナタにおすすめです。原作者がケンガンアシュラの人なのです。この人、いいネーム描くなあ_(:3」∠)_

(「筋肉つきすぎたら困る」とか言う人に対して)「その程度のトレーニング量じゃつき過ぎることなんか絶対にないから安心して」 まさに、その通りで、名言ですな。 メカニズム重視の説明(の仕方)に少し違和感はあるけど、面白い漫画でしたw (「ダンベル何キロ持てる?」より)

ダンベル何キロ持てる?まじで面白いし絵可愛いし筋トレの知識つくしで神漫画だと思う。 もっと評価されろ てかアニメ化しろ

◎『初恋ボディー』  萩倉ゆうき

筋肉を愛してやまない小学生・琴音が恋してるのは、お隣に住む柔道部所属の男子高校生・ジョーくん。でも最近ジョーくんには悩みがあるようで、筋肉や肌にツヤがないのが琴音の悩みで⁉

筋肉フェチの女子小学生が、筋肉は正義という考えのもと暴走しまくって、同級生の貧弱男子を張り手でぶっ飛ばしたあと、「お金じゃ買えないものだってあるんだよ! 筋肉だよ!!」とか全力笑顔で叫び出す、『初恋ボディー』とかいうクレイジーな漫画を読んでしまった。

初恋ボディー、単行本裏のあらすじでとんでもねぇ本が出たと買って読んだら期待通りの面白さ。2枚目はじょーくんの筋肉をクラスの男子に「ゴリラ」と馬鹿にされた主人公。 pic.twitter.com/347aU2E52V

『初恋ボディー』全2巻。筋肉大好き小学生の女の子が筋肉をみつけるたびに胸筋をもみしだく漫画でした。言葉遣いのセンスに脱帽ものの筋肉ギャグ漫画。あれ…大胸筋にハリがない…!? あ、いちおう柔道スポ根ものです pic.twitter.com/kniEGonDXR

◎『同級生のマッチョ君』  小堀真

爆龍砕優は、童顔で小心なごく普通の高校一年生。ただ、並外れて筋肉質なこと以外は……。孤立する彼に、唯一接してくれるのは辻園春子。ある日、学園のならず者に、彼女がさらわれてしまい……!?

同級生のマッチョ君kindle版買った。めっちゃ面白いし筋肉と美少女がモリモリなんだな……辻園さん天使かよ 筋肉ソナーとは

やべえwwww同級生のマッチョ君ずっと崩壊した少女漫画と思ってたけどギャグ漫画だったwwwwwくっそ面白いwwwwwwww

◎『聖マッスル』  宮崎惇、ふくしま政美

ある時、目覚めた美しい男。しかし男は自分が何者かわからない。男は人間を探してさまよい、ある都市にたどり着いたが、その都市は「人間」で作られており、人の姿はなかった…

今日は「聖マッスル」(KCM・全4巻)原作 宮崎惇 画 ふくしま政美。 究極の筋肉美!!全裸の主人公が「自分」を求め暴れまくる!! それを週刊少年マガジンで1年連載されていたとは……。 70年代のマガジンは独自すぎる路線を突き進んでいた!!

聖マッスル、なんか癖になるおもしろさだわ。基本的には拳法の代わりに筋肉で解決する北斗の拳。 至らないところはたくさんあるけど、ごり押しが心地よい感じ。人間らしさを大事にしてる部分と筋肉によるシリアスギャグがたまらん。

1 2





sryamaさん

漫画や小説、映画など「エンタメ・カルチャー」をメインにまとめています。

このまとめに参加する