1. まとめトップ

【閲覧注意】原爆ドームにまつわる怖い話

読んだら鳥肌が立ってきました

更新日: 2018年10月17日

5 お気に入り 170769 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

baseraさん

原爆ドームの恐怖体験談

原爆ドームは心霊スポットとしても有名

ここでは被爆者の霊が沢山さまよっている

広島県の原爆ドームが心霊スポットかどうか不明ですし、
このことが恐怖体験談になるのか分かりませんが、
私の身に実際起きたことを綴っておきたいと思います。

今から、11年ほど前のことでした。
某通信教育の彫刻のレポートで仮想彫刻をどこに建てるか
というテーマをもらって、私は、原爆ドームにしよう、
そこに私の祈りの彫刻を建てようという計画を練りました。

そのためには、原爆ドームを自分の眼で見て、そして絵を描き、
その仮想空間に自分の彫刻を描きこまなくてはなりませんでした。

デッサンを兼ねて、どうしても原爆ドームの詳細を見ることが必要と、
私は広島で教養講座の試験を受けに行った足でドームまで足を延ばしました。

広島駅からバスに乗り、原爆ドーム前で降りた時から、
何か私の感情は変でした。

異変が起き始めた

意味もなく、涙が流れてくるのです。
ここが、どんな場所か知っているはずでしたし、
そのためにこの場所を選んだつもりでした。

しかし、それでも、私の意思と無関係に
涙は自動仕掛けのように流れてくるのでした。

それは、悲しいとか切ないとか思う私の感情とは、異なる何か……
つまり、私自身が流している涙というのでなく、
誰かか私の体を通じて泣いているという感覚でした。

その時から変でしたが、私はレリーフをこの建物に建てるという
当初の計画を実現しなければなりませんでした。

写真を撮ると…

その作業に入ると、私は自分のすべき仕事に没頭しました。
軽くデッサンをし、何方向からも詳細な写真を撮りました。

私は原爆ドームの内側がどうなっているのか知りたく、
本来ならこんな好奇心はないのでしょうが、
なにせ、課題を提出しなければならないので、
ドームの内側を撮るために、柵の上から身を乗り出すように写真を撮りました。

普通は、こんな撮り方をしないでしょう。
けれど、いろいろな角度からのドームの写真がほしかった私は、
ドームの内側まで写真に納めたのでした。

その時は何も感じませんでした。夢中だったので分からなかったのでしょう。
寝不足でしたが、帰り道でも何ともなく無事に帰宅しました。

けれど、数日経って写真を焼き増しして驚きました。

何と、原爆ドームの建物の内部の壁には、はっきりと男の人の顔が写っていたし、
真ん中あたりに立っている女性の姿もぼんやりと写っていました。

病気になってしまう

それ以外にも、いろいろな影がありました。
その後、私は、帯状疱疹になり、その一年半後、甲状腺疾患の病気になりました。

今まで、このことは私の過労だと思っていましたが、
もしかしたら、霊の障りだったかもしれないと今頃になって思っています。

その写真は邪険に捨てられず、今でも家のどこかにあると思います。

出典心霊スポット恐怖体験談

原爆ドームで心霊体験をした

原爆ドームに行ったことのある人の中で霊感の強い人は、そこへいくとぞっとするといいます。
入り口近くに立つだけで、背筋がぞくっとするようです。
何か肌に感じるものがあるようです。

霊感のない人にはわからないし、そのまま何の気にもせず入っていけます。
施設内には原爆で亡くなった人の顔写真がドームの円に沿って横に並べてあります。
この写真の並びは、さすがにまじまじと見ていられず、大人でも子供でも白黒写真が並びます。

通路の壁沿いの手の届かない位置に飾ってあって、それらの写真の人たちは、全員死んだ人です。
さすがにそれは霊感がなくても、ぞくっとするでしょう。
だから、入り口でぞくっとした人も、写真を見てぞくっとした人も大差がないのでは、と思っていました。

しかし、どういうわけか、その原爆ドームの入り口でぞくっとした人は、その後結婚して離婚してバツイチになりました。
一人で子育てをしています。
それとこれとはまた別の話ではないか、と思えます。

しかしながら、もしや何か霊感の強さが要因になっているのかもしれない、まさしく日ごろからそういうのを肌に感じるようなので、妙な霊がとりついているということが徐々に疑いなくさせてきていたようです。

原爆ドームは鎮魂の意味を込めた施設で、実際に霊がいるわけではないと信じていますが、実際に霊感が強くてここで何かを感じた人はいます。

たくさんのが戦争の犠牲になって、これからも修学旅行や小旅行で訪れることがあるでしょう。

出典広島県 原爆ドーム② | 心霊スポット恐怖体験談

原爆ドームに行った後から

仕事で広島に行きました。
仕事までの空き時間に、ホテルから近いのもあって1日目、2日目と原爆ドームに行きました。
子供の時見た感じとは違い凄く感動しました。

原爆ドームに関しては、見える方にはかなりの霊が見える場所というのも聞いており、やはり戦争の悲惨さを痛感しました。

しかし普段から自分が感じない分「実際見えたら怖いけど見えないかな」などと考えながら見学していました。
怖い思いをしたのはこんな馬鹿な事を考たからかもしれません。

2日目の夜出張のおかげで久しぶりに先輩に会える事になり、二人で飲みに行きました。
久しぶりの会話を楽しんで、また怖がりなくせに怖い話をしていました。
今は一切ないらしいですが、その先輩は以前の家がラップ音、心霊写真が取れる等日常茶飯事で、色々怖い経験を持っていました。

話の途中、昨日気になった事があったので、先輩に話そうかと思いましたが、そんな先輩なので他の話が怖すぎて知らん間に忘れていました。

恐ろしい夢を見る

相談したかったのは1日目の夜みた夢の話です。
私は普段から眠りが深いので夢をみてるのか見てないのか、起きても一切夢を覚えていません。
なのに何故かその日はしっかりと夢をみました。

その日の夢は灰色の空間に女の子が一人立っていました。
ずっとこっちを何も言わず見つめていました。
身なりも普通で特に怖いとかでもなかったのですが、あまりにその夢が長かったので気になっていました。

そして2日目の夜です。
飲み終わって先輩に送って頂き、ホテルへ戻りました。

疲れていたのですぐ横になりました。
するとまた夢をみました。

この日の夢はその日飲んだ先輩と居酒屋でずっと楽しく話をしていました。
数時間前と同じ場面が夢に出てきています。

座敷に座る自分と先輩を真横で見ている感じです。
会話までは覚えていませんが、突然先輩が夢の中の私ではなく横の私を見ました。

その瞬間真っ暗になりました。

「ショウコです」

声がした瞬間、また灰色の空間に女の子がいました。

さすがに二回目は怖くなり、しかも喋っていたのですぐさま「起きたい!!」と思いました。
すると灰色の空間がいきなり業火(ごうか)に変わりました。
燃え盛る炎の中彼女は燃えながら近づいてきました。

怖くて起きようと思っても目も覚めず、体が一切動きません。
彼女は私の目を見ながらゆっくり燃えながら近づいてきます。
服は燃え、体から炎が吹き出していました。

そして目の前までくるとまた「ショウコです」と言い、焼け焦げながらもずっと私の目を見ていました。

凄く悲しそうな顔をして見上げていました。
そして私の手を取った瞬間、その瞬間彼女は灰になりました。
そして起きると汗だくで、私は泣いていました。

今でもあの声とあの顔が頭を離れません。
次の日はさすがに原爆ドームには行く事が出来ませんでした。

出典怖い話・恐怖体験談を集めてみた

原爆ドームで撮れた心霊写真

「怖い話」というより、「広島の原爆」についてですから

悲しい話なのでしょうけど。

原爆ドームを写真に撮ると、あのてっぺんの丸い屋根のようなところに

「おさげの制服を着た女の子が写る」

という噂を小学生の時に友達から聞きました。

その時はあまりそういう現象について興味を持っていなかったので

「ふう~ん」と聞き流すくらいだったのですが・・・。

数年して、別の小学校の友達が広島に修学旅行に行った時の

写真を見せてもらっていたときのこと。

例の原爆ドームの前で撮ったクラス写真があったので、なにげにみていたら、

その「おさげで制服を着た女の子」がうっっすら写っているではありませんか。

その数年前の噂の話を思い出し、びっくりして目を丸くして見ていました。

その写真の持ち主の子は気づいていなかったようですが。

わざわざ業者の人が合成して入れたのか??

まさかそんな失礼なことはしませんよね。。。

それと、彼氏が少し霊感のある人で、場合によっては

見えたりすることもあるみたいで。

仕事で時々広島に行ったりするそうで、はじめて広島に行ったとき、

仕事が終わり夜はすることがなかったので

「原爆ドーム」を見学に行ったそうです。

原爆ドームのすぐ横に川がありますよね?

今はベンチなんかがあってとてもきれいに整備されていて、、、

私は特に霊感はありませんので私が友達と行ったときは何もわからず、

川の横を歩いて散歩してみたのですが、

彼氏はあの川沿いへはぜっっったいに近寄ることができなかったそうです。

映画やマンガで見たことがありますが、原爆が落ちたその頃、

あの川に多くの死体が流れていたんですよね。

それを考えるとなんかとても悲しくなりました。

出典怖い話朱い塚-あかいつか-

広島原爆ドームでの記念写真には…

ありふれた話ではありますが、実際に体験した話です。

中学時代の修学旅行で、広島の原爆に関する史跡を巡りました。

記念館の中などでは、むごい写真や資料に圧倒され、皆神妙な態度で居ましたが、外に出れば、ワイワイはしゃいで、友達同士やバスガイドさんと一緒に記念写真を撮りまくりました。

旅行が終わり、撮った写真を焼き増しして交換しようというところになって、予想以上に心霊写真が多いことに気持ちがスーっと冷めました。

友達と並んで同時に原爆ドームを撮ったものには、私の方には何も写っていなかったのに、友達のカメラにはハッキリと、ドーム最上階付近に人の姿が写り込んでいました。

何かが写った

他にも、オーブのようなもの、赤いヘビのような螺旋状の光や黒い影など、偶然やカメラの不具合で片付けるには逆に不自然なほど、「何か」が写っていたのです。

それを見て、キャー怖い~!などと騒ぐ気持ちには、とてもなれませんでした。

存在を示す何かが、そこに居るのかもしれないと思うと、何ともいえない気持ちになったのです。

もしまた広島を訪れる機会があったとしても、観光気分で写真を撮ることは二度としないと思います。

出典怖い話まとめ

掲示板で見つけた怖い話

プロレスラーの前田明が広島興行の際に宿泊したホテルで
深夜に被爆者集団の幽霊と遭遇したとか言ってたよ。
25年くらい前の話。

出典2ちゃんねる

下祇園の今イオンがたってるところ
たぶん駐車場に慰霊碑がある あの周辺
元高校があった場所の体育館(被爆者が収容されてたらしい、で霊もでるって話)
あと短大の寮があった場所(ここには兵隊の霊)

出典2ちゃんねる

1