1. まとめトップ
  2. 雑学

悲報...アメリカ人も「筆記体」がよくわからないみたい

学生時代、英語の筆記体を必死に覚えた人も多いのではないでしょうか。でも、実はアメリカ人も筆記体を使う人が非常に少なくなっているようです。

更新日: 2017年04月02日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
62 お気に入り 154993 view
お気に入り追加

学校で教えなくなった「英語の筆記体」

2002年に、アルファベットの指導はブロック体の大文字、小文字だけとなり、筆記体は教科書から削除されてしまいました

でも、必死に覚えた人も多いはず

実はアメリカ人も筆記体を使わないみたい

アメリカ人と打ち合わせをしたことがありますが,筆記体は使われませんでした

あるアメリカ人が「学校で教わったけど一度も使ったことがない、地域や国によって、習ったり使ったりは違うのだろうか」と掲示板に質問し、さまざまな回答が寄せられていました

割合からいったら、私の周りでは20%もいないのではないでしょうか

一応、学校では習ったけど使わない

実際には「教える」というよりも「存在を知ってもらうために体験させる」ぐらいの存在でしかなく、その後の高等教育では一切必要としません

自分は29歳のアメリカ人だけど、学校で筆記体というのを教えられ、書くように指導されたが、それ以外で一度だって使ったことがない

さらには若年層では読めない人もいるくらい

年々減っており、特にアメリカでは書けない・読めない若年層も、かなりの割合を占めています

パソコンの普及が影響しているみたい

筆記体に習熟する機会は減り、メールも機械上で「打つ」機会が多いため、筆記体が持つ速記の有用性も薄れている

ちなみにロシア語の筆記体はかなりヤバい

これは文字が書いてあるのだろうか?どこからどう見ても適当に「ぐしゃぐしゃ!!!」と書いたようにしか見えないぞ

こんなもん読めねええええ!試し書きにしか見えねえええええ!というかロシア人の人はホントに読めるんでしょうか?

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう