1. まとめトップ

京都大学の偏差値や入りやすい学部は?倍率、センターの足きりやボーダーは何割?

京都大学の偏差値は東京大学に近い存在で関西ではかなり有名で難易度の高い大学です。そんな東大にも偏差値の近い京都大学の入りやすい学部や倍率はどうなっているのか?センター試験の足きりの点数やボーダーラインは何割か?そういった情報について書いています。

更新日: 2016年11月19日

7 お気に入り 193592 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

京都大学の偏差値はどれくらい?

文学部72
法学部73~76
経済学部69~72
教育学部69~72
総合人間学部69~72
理学部69
工学部67~69
医学部65~74
薬学部70
農学部67~68

※進研模試難易度は、入試における合格可能性60%の偏差値を示しています。
入試の難易をベネッセが予想したものであり、各学校の教育内容、社会的地位を示すものではありません。

京都大学の偏差値は全体的に高いです。東京大学と偏差値は大きな差はありませんし、難易度も近いでしょう。東大と偏差値などで比較される京都大学は学部によって差がありますけど、文系では法学部、理系では医学部が高いです。前期と後期でもまた違いますし、前期のみの学部もあるので注意が必要です。京都大学のセンター試験の科目、二次試験の科目が違いがある可能性もありますから一概には言えないものの、偏差値で言えば文系も理系も入りやすい学部はあまり見当たりません。京都大学の偏差値ではちょっと抜けている学部はありますが、それ以外ではほぼ横並びで、京都大学で入りやすい学部というのは見当たらない状況です。京都大学なので、どの学部を受けてもとてつもない難易度にはなるでしょうから。文系ならば法学部以外、理系ならば医学部以外ということになるでしょうか?あと、京都大学のセンター試験のボーダーラインについてもチェックしていくと、入りやすい学部が浮かんでくる可能性もあります。

京都大学のセンター試験の足きりのボーダーラインは?

文学部 213(85.0%)
教育学部(文系) 213(85.0%)
教育学部(理系) 213(85.0%)
法学部 765(85.0%)
経済学部(文系) 213(85.0%)
経済学部(理系)218(87.0%)
総合人間学部(文系) 135(90.0%)
総合人間学部(理系) 86(86.0%)
理学部 194(86.0%)
工学部(地球工学科) 170(85.0%)
工学部(建築学科) 170(85.0%)
工学部(物理工学科) 168(84.0%)
工学部(電機電子工学科) 168(84.0%)
工学部(情報学科) 166(83.0%)
工学部(工業化学科) 168(84.0%)

京都大学の足きりのボーダーは学部や学科別に異なっているので、チェックしておきましょう。京都大学のセンター試験の足きりは何割くらいか?というのは、発表しているサイトによっても多少違いがある可能性があります。今回載せたのは、京都大学のセンター試験における本当のボーダーライン(通過率50%)になるであろう点数の割合です。引用元にはAライン(80%)、Eライン(20%)の数字も載っているので、良かったらご覧ください。京都大学のセンター試験の得点率は何割程度か?というと、高いと9割くらい必要ですし、低くても85%とかでしょうか?文系の場合には。したがって、この時点で京都大学の難易度はかなり高いことが容易に分かります。京都大学のセンター試験の足きりの点数は何割か?というのは受験生はだいたいの数字を知っておきましょう。また、いろいろなサイトが発表しているものを複数見ておくのも良いと思います。

京都大学の入りやすい学部は?

文系は今では法学部か文学部が簡単なようだが、総合人間学部などはセンターの成績如何で出願変更が多く、難易度も変わりやすい。
去年法学部が一番簡単(合格最低点が低い)だったためか、今年は倍率が上がったし、その一方経済文系は下がったりと、一概には言えない。

理系はよく分かりません。

学部によって配点も違うし、とりあえず自分の行きたい学部、得意科目の配点が高い学部を目指した方がいいと思う。

どの学部でもいいから京大行きたいというならセンター終わってから、リサーチなど見てそこで悩めばよいかと。

京都大学はどの学部も偏差値が非常に高いため、難易度もかなり高いです。理系の場合にはセンター試験の足きりの点数はあまり差がないかもしれませんが、文系は学部によって多少差があります。しかし、このセンター試験のボーダーラインが何割か?というのは、年度によって微妙に異なる部分もあり、一概に京都大学で入りやすい学部があるというのは言い難いです。京都大学の総合人間学部の文系はセンター試験の足きりの点数は高いですけど、これも今後どうなるか?分からないです。京都大学では入りやすい学部はあることはあるが、その年によって変わるので、現時点でどの学部とは決められないのです。

京都大学の倍率はどうなっている?

京都大学の倍率は前期がほとんどですが3倍前後が多いです。2倍台から3倍台がほとんどで、1倍台の学部学科もたまにありますけど珍しいです。逆に高い学部学科は5倍くらいまでいくこともありますが、平均して京都大学の倍率は3倍前後くらいが標準になっています。国立大学なので、そこまで高い倍率にはなりませんが、この倍率を見て京都大学の入りやすい学部も多少浮かんでくるかもしれません。京都大学では簡単な学部はまずありませんが、少しでも倍率が低いところが良いでしょうから。京都大学のセンターの足きりは何割くらいか?という情報などを併せて考えていくと良いかもしれません。それでも京都大学では簡単な学部とかはほとんどないくらいに難しいですけどね。非常に京都大学は難易度が高いです。それは京都大学の偏差値を見れば分かりますが、京都大学に受かるにはセンターのボーダーラインをまずは越えないといけないので、センター試験の対策と二次試験の対策もやっていかないといけません。京都大学のセンター試験と二次試験の受験科目などを見ながら受験する学部を決めていくと良いですが、そのときには京都大学の倍率も学部学科別に参考にしていくと良いでしょう。京都大学の倍率はホームページに詳細が載っていますから。

京都大学の入試や対策方法について

1