1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

菅田将暉が唾吐きかけ首絞めキス…「溺れるナイフ」のキスシーンが凄いみたい

『溺れるナイフ』公開初日舞台挨拶が行われ、W主演を務めた小松菜奈、菅田将暉のほか重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音、志磨遼平、山戸結希監督が登壇した。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年12月24日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
152 お気に入り 815825 view
お気に入り追加

○今大注目されている映画「溺れるナイフ」

映画は2004年~13年に「別冊フレンド」(講談社)に連載されたジョージ朝倉さんの同名人気少女マンガが原作。

同作はジョージ朝倉原作の同名少女漫画を実写化し、「10代の一瞬間(=全能感)」の謳歌、挫折、そして再生を描く。

映画は、講談社「別冊フレンド」に連載され、洗練された世界観と、リアルな心理描写で愛され続けるジョージ朝倉氏の同名少女マンガを実写化。

○もちろん、みんなも楽しみにしてます!

めっちゃ早く目覚めた✨ 今日溺れるナイフ観に行く〜⤴︎ ⤴︎ 色々買い物もしたいし楽しみ❤️

菅田将暉の金髪が観たくて溺れるナイフ観に行きたいんだけど、1人でも浮かないだろうかww

○「溺れるナイフ」の公開初日舞台挨拶が行われた

『溺れるナイフ』公開初日舞台挨拶が行われ、W主演を務めた小松菜奈、菅田将暉のほか重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音、志磨遼平、山戸結希監督が登壇した。

キャストの小松菜奈、菅田将暉、重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音、志磨遼平(ドレスコーズ)、監督の山戸結希が登壇した。

今年すでに9本の出演作が公開されるなど、引っ張りだこの活躍を見せる菅田だが、恋愛映画の主演は今作が初めて。

○恋愛映画の初主演の菅田は山崎賢人を称賛

本作が初めての恋愛映画主演となり「山崎賢人と仲がいいですけど、あいつはすごいなと思った」と恋愛映画の常連である山崎に尊敬の念。

その上で「品が良くないといけないし、でも野性味もほしい。どこか気高くないといけないし、血なまぐさい生きざまも撮らなきゃいけない」と役作りを語った。

○小松菜奈は厳しい撮影環境を語る

昨年9月に17日間という短い期間の中で、和歌山の大自然を舞台に時間的にも天候的にも厳しい撮影が強いられた本作。

小松は「17日間というタイトな撮影だったんですけど、本当に過酷すぎて、私はもうなんか『明日死ぬんじゃないか』と思うくらいの感覚でした」と振り返る。

○菅田将暉が小松菜奈との衝撃キスシーンを回顧

山戸監督から「コウちゃんらしいキスの仕方が見たい」という話があったといい、「(小松の)顔面にツバを吐いてほしい」と驚きのリクエストを受けたことを明かした。

「まあ、『顔舐めてるくらいやしなあ』と思いつつ、あんまり違和感を持ってなかったんですけど」と述懐した。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。