1. まとめトップ

『カレー激戦区の神保町!!』ここに行けば間違いなし。

昼食は必ずと言っていいほどカレーが食べたくなる街神保町。オススメのカレーショップをご紹介しますね。

更新日: 2018年04月07日

0 お気に入り 5750 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Pavaneさん

学生街、「神保町」はカレーの激戦区!?神保町のカレー事情

「神保町カレー」というものをご存知でしょうか?カレーの激戦区としても有名な神保町は何店ものお店が軒を連ねる町で、そのお店によって味も千差万別。またルーやスープ、ナンなどスタイルも様々。食べ歩きをすれば、必ず自分にピッタリ合う味に出会うことができますよ。

個性的な本屋さんが立ちならび、レトロな街並みで風情ただよう神保町。お目当ての古本を探しに行ったり、ぷらっと立ち寄るだけでも楽しめる街として人気です。今日は極上の一品が食べられるお店を30店ピックアップ。ランチ選びに迷った時の参考になれば嬉しいです♪

カレーは国民食ですよね。そんなカレー屋が集まる東京神保町をピックアップします。

欧風カレー ボンディ

カレーの通販も行っております。

秘蔵のスパイスブレンドがかもし出す絶妙な風味。 豊富な乳製品と何種類もの野菜・フルーツをたくみにすり合わせひき出した、とろけるような旨味。 不思議な甘さの中に辛さが秘められた、極めつきのおいしさ。 ソースの本場、フランス仕込みのオリジナル手づくりソースが奏でる洗練された味のハーモニー。 一度味わったら忘れられないと評判を呼ぶボンディのカレーです。 ボンディのカレーはお客様にご満足頂けるよう、シェフが心をこめて丁寧に作っております。

ボンディのカレーの特長としては、
・乳製品をふんだんに使い、まろやかさとこくを醸し出しています。
・リンゴを主体とし、その他の果物とタマネギなどの野菜をたっぷりのバターで長時間炒め、
さらに赤ワインで煮詰め、フルーツと野菜のチャツネと呼ばれるジャムを作り、
そこへさらにバター、レッドペッパーなどの辛みを加えています。
これが甘さの中に辛さがある当店のカレーの大きな特長を形成するひとつの
要素です。

学生街という事もあって、カップルの利用も多いみたいですよ

まんてん

カツカレー
600円
シンプルに、こちらをおすすめ!
コロッケカレー
550円
シュウマイカレー
550円
衣をつけて揚げたシュウマイが絶妙です。
他のトッピングと合わせて、シュウマイ&ウィンナーカレー等にすると更に良い感じになります。
ウインナカレー
550円
もちろん赤ウインナー(笑)なんと、それを素揚げでトッピング!こんなのはじめて!
ジャンボカレー
550円
大盛りカレー
500円
並カレー
450円
コロッケシュウマイカレー
650円
カツシュウマイカレー
700円
ジャンボ全乗せ
1,000円
トッピングのフライが全部乗ったお得で幸せな1品

これがまんてんの「全部乗せ」、このボリューミィさがまんてんの魅力。いつも多くの学生とサラリーマンでいっぱいです。

Lad`s dining

Lad`s Diningでは、流行りの淡路島カレーがお楽しみ頂けます。

淡路島カレーの特徴は、何と言っても3段階に変化する深い味わい。
最初甘さを感じ、後からコクと辛さが効いてきます。
【甘さ】日本一糖度が高い淡路島産プレミアム玉ねぎと、9種類のフルーツ
【コク】淡路島の工場で一から炊いた鶏ガラスープと、デミグラスソース
【辛さ】後からジワジワ効いてくる、唐辛子と16種類のスパイス
淡路島の恵みをはじめ、
良質な素材と配合が織りなす奥深い味わいです。

絶品、スープカレーのお店です。

ランチタイムのみ出されるスープカレーが有名な居酒屋「鴻(オオドリー)」は、レトロ感満載のお店。オオドリーのスープカレーは、チキンベースの”赤”か豚骨ベースの”黒”の2種類から選ぶことが出来ます。赤はさっぱりめ、黒はしっかりした濃いめの味。

辛さも調整することができて、ご飯のおかわりも自由!近くに神田駿河台店もあるので、そちらにも寄ってみてくださいね。

こちらの店舗も、昼はカレー屋、夜は居酒屋を営んでおります。

まだまだいっぱいの神保町カレー街

以上、いくつかの店舗を紹介しました。
神保町にはまだまだたくさんのカレーが並んでおり、毎日たくさんの学生、サラリーマンで溢れています。
皆さんもお気に入りのお店を探してみてくださいね。

1