1. まとめトップ

【火災現地画像】明治神宮外苑の東京デザインウィーク会場で火事 展示品が燃え5歳男児死亡 11/6

東京新宿区の明治神宮外苑のイベント会場で、日本工業大学の展示品(素の家、ジャングルジム)が焼ける火事

更新日: 2016年11月07日

Cocochanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
20 お気に入り 969817 view
お気に入り追加

展示品が燃えて1人死亡、2人が怪我

6日午後5時20分ごろ、東京都新宿区霞ケ丘町の
「明治神宮外苑」にある野球場で開催されていた
イベントで展示物が燃える火災があった。

東京・新宿区霞ヶ丘町の明治神宮外苑の近くで
展示品が燃えていると消防に通報がありました。
消防隊が駆けつけ、火はまもなく消し止められましたが、
消防によりますとこの火事で、5歳の男の子が死亡したほか、
男性2人がけがをしたということです。

火災が起きる前の展示物(参考画像)

東京デザインウィークのパンフレットに掲載されている日本工業大学工学部による燃えた作品「素の家」の説明文。 pic.twitter.com/5l9Pl1nPhj

TOKYO DESIGN WEEKの日本工業大学の火災が酷すぎる。こんなの燃えるに決まってるだろ。電球の周りに、おが屑配置するとか正気なのか…火災で死者が出ている以上知識不足では済まされない… pic.twitter.com/JY1ffe7L5G

東京デザインウィークの火災事故、この奥の作品だったんだ…どの作品も良かったし、みんな頑張ってたから悲しいな。 pic.twitter.com/Kk4fcO7nAE

神宮外苑の展示品「素の家」の電球。たぶん誰も電球メインで撮ってないから一応。 pic.twitter.com/rEuKlP9inW

この部活動の部長を務める3年生の男子学生は、大学に対し、
「白熱電球は使っておらず、LED電球1個を使っていた」と
話していた

ジャングルジムの内部にはおがくずが詰められていて、
上部からつるされたLED電球で照らされていました。

その後の警視庁などへの取材で、
当時、LED電球の他に白熱電球も
使用されていたことが分かりました

『LED電球なら発火しなかった!』 と言っている人へ。 L E D で も 発 火 し ま す 。 LED電球は発光効率が良い(熱としてのロスが少ない)だけであって、LED電球も発熱しますしそのそばに燃え種が有れば普通に発火します。

日本工業大学工学部の展示物は建築家の谷尻誠さんの作品に、電球+おがくずを足したパクリ?

谷尻誠(1974年- )は、日本の建築家。
建築、インテリア、ランドスケープ、
展示会場などに関する企画・設計・監理、
リノベーション、コンバージョンの企画・
設計・監理、プロダクト・家具等の
デザインをしている。

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2012の
メインコンテンツである
「DESIGN TOUCH Park」に
大人も子供も一緒にデザインに触れ、
遊ぶことができる高さ約5メートル、
幅約10メートルの巨大ジャングルジム
「マウンテンジム」を展示していた

引用元:https://goo.gl/qNgaJ8

昼間は登って遊ぶことのできる公園の遊具に、
あるいは思い思いに腰掛けたりしながら
寛ぐ場所に、ときにデザインなどの
ワークショップやトークイベントなどが
行われる"建築"になる。

引用元:https://goo.gl/qNgaJ8

夜はライトアップされ、アートオブジェとして、
人々が集う広場にもなる仕掛けもある。

引用元:https://goo.gl/qNgaJ8

日本工業大学の新建築デザイン研究会はアカウントを削除

あ、「新建築デザイン研究会@NADS_2016」がアカウント消した。じゃあ今後の情報は大学経由で出たりするのかな? pic.twitter.com/95WvhGJVeZ

東京デザインウィークはHPからメニューを全て削除している

トップから、会社概要へのリンク消してる… さらに炎上を誘ってどうする。 『TOKYO DESIGN WEEK 東京デザインウィーク』 tokyodesignweek.jp pic.twitter.com/7BE15H0JcB

1 2 3





Cocochanさん

テレビ番組やTwitterで話題なものをまとめています。