1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

キャッシングを利用している方の中には、「家族には心配をかけたくないので内緒にしている」という方も多いかもしれません。

でも気を付けていても、実はちょっとしたミスでバレてしまう可能性があるんです。
家族にキャッシングがばれてしまわないようにするためには、「どのようなケースで家族にバレてしまうことが多いのか」ということを知っておきましょう。

家族に内緒で利用したキャッシングが家族にばれてしまった!

想像するだけでも怖いシチュエーションですよね。借金をめぐって家族が修羅場に…なんてことにならないよう、どのようなケースでキャッシングが家族にバレてしまうのか?について知識をつけておきましょう。

キャッシングが家族にバレてしまわないようにするためには、いくつか気をつけておくべきポイントがあります。

これさえ押さえておけば今まで通りに家族にはばれることなく内緒でキャッシングを利用することができますよ。

郵便物

郵便物からバレるパターン

郵便物から家族に知られてしまう場合も勿論考えられます。

例えば利用明細書や契約書もしくは、カードローンのカードが送られてきたり……

これらの場合も上記の電話と同様に、個人名やセンター名で郵送される場合が殆どです。

(銀行の場合はやはり銀行名ですが)例を見てみるとアイフルの場合AIセンター、アコムはACサービスセンターなどの差出人名となっています。

しかし検索すれば一発で消費者金融とわかってしまうので、カードは無人契約機から発行、そして明細はHPで観覧できるようにするなど工夫が必要です。

また滞納した場合は郵送物が自宅に届くだけでなく、信用情報機関にバッチリマイナス情報が記載されるので、遅延だけは絶対避けましょう。

家族にはキャッシングをしていることを絶対に秘密にしたい!という場合、自宅に届く郵便物には常に注意しておくようにしましょう。

ただし、消費者金融などから自宅に郵便物が届くケースというのは限られています。考えられるのは以下の2つの場合です。

・申し込みをした直後に、自宅にキャッシング用のカードが届く場合

・毎月の返済日に返済をしなかったために、自宅に督促のハガキが届く場合


1つ目の郵便物に関しては申し込み時に「無人機でのカード受け取り」を選択しておけば自宅に届くことはありません。

金融機関で消費貸借契約(キャッシングのこと)を利用するときには契約書を受け取る必要がありますが、最近ではインターネット経由でダウンロードする形で契約書の受け渡しをすることも可能です。

2つ目の郵便物に関しては、「延滞をしないこと」が基本になります。もしどうしても返済日に返済ができない場合には必ずその旨をキャッシング会社の担当者に電話で連絡するようにしましょう。

たとえ延滞してしまったとしても「この日であれば支払えます」ということをきちんと伝えることができれば待ってもらえることが多いです。

なお、延滞をしているときでも消費者金融などからいきなり郵便物が届くことはなく、まず登録している携帯電話番号への連絡が行われるのが普通です。

キャッシング会社としても自社からの郵便物が家族にはバレない方が良いであろうことはよく理解しています。

そのため、郵便物を送るときには消費者金融であることをわからないように送ってくれるなどの配慮はしてくれますよ。

(たとえばアコムであれば「ACセンター」という名前で郵送してきます)

電話

それでも、「家族に電話を取られてしまうのはちょっと・・・・・・」という不安もあるやろ。
そういった場合、キャッシング会社にいつ電話するのか時間指定してもらえばええねん。
キャッシング会社かってそれくらいの対応はしてくれるはずや。
時間指定してもらったら、その時間になったら電話の前でスタンバイしておけばOKや!
こうしておけば自分で出られるから、家族に電話を取られてしまう心配がないで!!

キャッシングの申し込みをしたときには、自宅電話番号に担当者から連絡確認してくることがあります。

日中に仕事をしているという方はこの電話を自分ではとることが難しいという場合もあるでしょう。

そのような場合には、正直にキャッシング会社の担当者に「家族には絶対にバレたくないんですが…」と伝えるようにしましょう。

担当者もあなたに不利益をもたらして得することは何もありませんから、ある程度の融通はきかせてくれますよ。

具体的には、あらかじめ電話をしてもらう日時を指定しておいて、その時間は自宅電話の前でスタンバイしておくようにしましょう。

消費者金融や銀行カードローンは夜は20時半ごろまで営業時間となっているので、ある程度遅い時間でも柔軟に対応してくれますよ。

また、どうしても自分が電話を取れないという場合でも電話口の担当者は「友人のスズキですが」「以前お仕事でお世話になったサトウですが」と言ったような名乗り方をしてくれます。

また、レイクなどであれば「新生銀行ですが」といったようにグループの銀行名を名乗ってくれることもあります。

万が一家族に電話を取られてしまったという場合にもキャッシングを利用していることはバレない可能性もありますよ。

バレないためには

どうしても家族に内緒でキャッシングを希望している場合は、申し込み時に「家族に内緒にしておきたい」ということを、必ず伝えるようにしましょう。金融機関側はプロなので、家族にバレるであろう理由をちゃんと把握しています。

それが、郵便物なのか電話なのか、どういう原因で家族にバレてしまうかというのは、金融機関がつかんでいますので、金融機関のアドバイスに従うのが賢明だといえるでしょう。

例えば、契約書やキャッシングのためのカードを郵送することで、家族にバレるかもしれない場合は、他の回避策を伝授してくれます。郵便物が原因で家族にバレる危険があるのであれば、回避策として、店舗まで直接取りにくる、などです。電話も然りで、家族にバレないための打ち合わせを念入りにしてくれるはずです

「それでもバレてしまうかも…」と不安な方にオススメな方法は、ずばり「金融機関の担当者に対策を教えてもらう」というものです。

消費者金融などの場合、「家族にキャッシングを使っていることを知られたくない」という申込者の方が多いですから、電話口の担当者もいろいろと家族にばれないようにするためのノウハウを持っているものです。

申し込み時のカード受け取りや在籍確認も周りに知られないように最大限配慮をしてくれますし、

延滞をしてしまったという場合にもきちんと遅れてしまったことの連絡と次回の返済スケジュールの相談をするようにすれば家族にばれないように連絡するように気を使ってくれます。

金融機関としても家族にバラしてしまってあなたに損をさせても何の得もありません。

こちらからきちんと「周りにばれたくない」という意思をしっかりと伝えておけば、意外なほど柔軟に対応してくれますよ。

1