1. まとめトップ

【財布】大人の男は知っている!MADE IN JAPANの革財布ブランド【メンズ】

ビジネスシーンやプライベートで、周りから意外と見られているのが財布。なかでも上品で大人っぽい印象の革財布ですが、日本での製造にこだわった本格ブランドがいくつもあるんです。そんな、大人の男ならぜひ持ちたい、MADE IN JAPANの上質革財布を生み出すオススメブランドを紹介します!

更新日: 2016年11月10日

19 お気に入り 34734 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

koi_yaさん

大人ならこだわりたい「革財布」

大人なら、ビジネスシーンでもカッコよくキマる、上品で質の高い財布を持ちたいですよね。

30代に入ると、社会的にも一定のポジションにつくことが多くなるので、いつまでも安物の財布を使っているわけにはいかなくなります。

「高級ブランドは嫌味っぽくてイヤ」、「他人とかぶりたくない」という人は、革の品質にこだわった、専門店の財布を選ぶのがベストです。

革のバッグ、財布ほしー 大人の男になりたいお年ごろ。ww

親父に財布貰った!TAKEO KIKUTIっていう人がデザインした革製の長財布。すごく渋い。大人っぽさが滲み出てる。こんな財布が似合う男に俺はなりたい。 pic.twitter.com/sK95ebLC

ですが、黒という色は大人の男の渋みを引き立たせるのに絶好の色であると思います。 黒い革ジャンや黒い革財布を使い込んで味を出していけば、男のステータスを上げてくれます。 黒いサングラスをかければちょっと悪い人を演じることもできます。 また、日本人は全般的に黒髪が似合う種族だそうです

土屋鞄製造所

ハリ感のあるフレンチボックスカーフを用いた長財布。自慢の素材を最高の職人の技術で仕立てた、上質なアイテムです。使っている時の所作の美しさも考え、ファスナーを用いず、小銭入れもホック式に。お会計の場面でも、手早く美しく、ストレスを感じさせないつくりです。

1965年に、ランドセル作りから始めました。
子どもたちの6年間を支える鞄。土屋鞄はそこに思い出が宿ることを、いつも考えています。

しっとりとやわらかなソフトエクスプレッシブレザーでメッシュ編みをあしらった個性的な折財布。ズボンの尻ポケットにすっきり収まる手頃なサイズながら、十分な収納力を備えています。

土屋鞄の製品は、「もの作りが好き」という若いエネルギーと、「ずっと、これだけをやってきた」という熟練の、まっすぐなパワーによって作られています。

REDMOON

1997年の販売開始以来、REDMOONロングウォレットの中でも特に高い人気を誇るモデル。しなやかなオイルレザーを使用しているので使いやすく、使えば使うほど革の風合いが増していきます。スナップに使用しているネイティブアメリカンコンチョもREDMOONならではです。

レッドムーンは、1993年、創始者 後藤惠一郎により生み出されたトータルレザーファッションブランドです。

正式名称は「ホースライディングウォレット」。馬の鞍とガンホルスターをモチーフとして、立体的にデザインされています。素材には、美しい艶感と強靭さを併せ持つサドルレザーを使用。ジーンズのバックポケットにカッコよく収まるアイテムです。

レッドムーン・ブランド製品の多くが、オリジナル製法により育成された職人の責任により一つ一つハンドメイドにて製作されています。

NOMADOI

ロングウォレットの定番、ラウンドファスナー長財布。充実の収納力はもちろん、大きく開く間口で使いやすさも抜群です。老舗タンナーのオイルドラティーゴレザーを使用し、強度と柔軟性、そして美しさを兼ね備えたアイテムとなっています。

遊牧民を意味することば、ノマド(NOMADO)。 その自由な旅、自由な精神に私達は憧れ、共感し、そこを目指したい、と思いました。

スーツにもカジュアルスタイルにも合わせられる、2つ折りのラウンドファスナー財布です。オイルを染み込ませたタンニン鞣しのレザーを使用しているので、手に馴染みやすくしなやかな質感。片手で持ちやすいサイズ感で、小銭入れも取り出しやすいボックスタイプにするなど、使い心地の良さにも配慮された設計となっています。

NOMADOIの財布にはすべて“HANDMADE IN JAPAN”の刻印が刻まれています。
これは日本の職人技に対する尊敬の念、そしてそれを愛用する人の誇りと愛着を表現しています。

池之端銀革店

出典zozo.jp

薄さにこだわった長財布です。スーツの内ポケットにすっぽり収まる絶妙なサイズ感ながら、収納力はしっかり確保。表面に施された細かな型押し加工と、角にあしらわれたオリジナル金具が高級感を醸し出しています。

機械に頼りすぎず、さりとて、手製にこだわり過ぎないという絶妙のバランス感覚でユニークな革製品を世に送り出してきた池之端銀革店。

Wフラップ二つ折り財布です。1つ目のフラップ(ふた)には小銭入れが、2つ目のフラップには6か所のカード入れと札入れがあります。非常にコンパクトですが、収納力はしっかり確保。男女ともに使える、シンプルで飽きの来ないデザインとなっています。

Crampは東京・浅草を拠点とする池之端銀革店のメインブランド。「質」、「実」そして「技」を形にしたトラッディショナルでありながらオルタナティブ、それがCrampである。

1 2