1. まとめトップ

サークル・趣味・同人で名刺を作りたい時の7ステップ

趣味で使う、自分個人の名刺がつくりたい!でもどうすればいい?自分が制作する時に調べた、名刺の作り方をまとめました。サークルや写真・ハンドメイドや同人など、様々なパターンを想定してます。

更新日: 2016年12月15日

2 お気に入り 26340 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

enumetaさん

■ 「今度のイベント用に、名刺作ろうかな」「でも、名刺の作り方って?」

音楽、ハンドメイド、写真、サークル、同人、イベント…

仕事以外でも、人それぞれの趣味によっては「自分の名刺を作らなくちゃ!」な場面にも遭遇するかと思います。

でも、「仕事の名刺ならともかく、自分個人の名刺ってどうやってつくったらいいの?」なんて悩みが続くはず。

■ その1、なにを載せるべき?

当たり前のことですが、逆を言うと「名前さえ載っていれば名刺」なのです。
自分を思い出してもらうキッカケになればOK。連絡先が載っていなかろうと個人の自由なんです。

そこから情報をプラスしていくのはアナタ次第。

■ その2、基礎知識

とは言ってもチョイスするためにもまずは基礎知識。
一般的な個人名刺に載っている情報をまとめると、

■名前(本名、ハンドルネームなど)
■メールアドレス
■SNS(SNSがキッカケで繋がることが強い場面は必須)
■住所
■電話番号
■WebサイトURL

これらの中から「相手と付き合う上で必要な情報だけ」でOK!
例えば、普段はネット上でやりとりをする友人相手に、住所は必要ありません。SNSとハンドルネームだけ…なんてものも多く存在します。

■ その3、サイズは91×55mm

名刺の通常サイズは「横91×縦55mm」。
名刺ケースなどもおおむねこのサイズでつくられています。

カッコいい変形サイズもありますが、初心者の内はこのサイズか、これより小さく作るのがオススメ。

せっかく渡しても、相手の名刺ケースに入らなくって紛失されてしまった!
…なんてこともありえるからです。

■ その4、デザイン作成の前に…無料のテンプレートを活用しよう!

最近名が知られるようになったラクスルやグラフィックなど、印刷通販のWebサイトにはその会社独自のテンプレートがあります。

中には名刺作成についての説明がついているものもあるので、初心者に非常に優しいつくり。


「自宅プリンタで充分だから、印刷会社に注文はしないよ」という方も、テンプレートだけでも無料でダウンロードして、有効活用しましょう!

仕事で名刺を扱う方なら経験があるかと思いますが、サイズが少し大きいだけで、彼らはかたくなにケースに収まろうとしません。

その他細かいミス等を防ぐために、テンプレートを使用すると安心です。

■ その5、デザインを決める

載せる情報も、サイズも決めた。
ここからが本番です。

もうイメージがあれば良し。
なければ、ウェブにあがっているものを参考にしてみましょう。

ちょっと待った!デザインの前に、載せる内容は決めた?

よくある失敗が、
「デザインを先につくったら、載せたい内容が載りきらなかった…」
「せっかく気に入ったものを作ったのに、空けておいたスペースより載せる内容が少なすぎて、なんかかっこわるい…」なんてパターン。

こんなことにならないように、載せたいものを確定させてから
デザインに取りかかりましょう。

これ以外にも、「名刺 デザイン 面白い」などで検索すると色々なまとめが出てきます。ちょっと変わったデザインのアイデアが浮かぶかもしれません。

■ その6、紙を決める。

自宅プリンタ用の通常タイプでも、強度としては充分。

その他にも、参考リンク(用紙の選び方・おすすめhttps://gekiyasumeishi.com/knowledge/paper.html)にもあるように、「クラフト紙」や「透明フィルム」など、目新しい素材にするだけでも面白い名刺となりますよ。

自宅か、注文かで悩んでいたら…

自宅プリンタ用紙(名刺用)を使う場合

もし自宅にプリンタがあるならば、名刺用紙を使用すると便利です。
切り離しもミシン目がついているものがほとんど。

ただし、名刺用紙によってテンプレートがあるので、そのデータに添って作成しましょう。
製品会社のホームページなどで、無料ダウンロードができるはずです。

1 2 3