1. まとめトップ

つらい便秘と胃腸トラブルを両方スッキリさせる食べ物と飲み物

胃の調子が悪くて便秘でお腹が痛い…胃のトラブルと便秘は直接関係があります。早く両方スッキリできる食べ物と飲み物をまとめました。

更新日: 2017年01月19日

igataroさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 8795 view
お気に入り追加

便秘になると胃腸の調子も悪くなります。

便秘になると胃腸の調子が悪くなりませんか?
ご飯を食べると胃が痛くなったり、すぐにお腹がいっぱいになってしまう事がありますよね。

便秘によって胃痛が起きてしまうのは、腸にたまってしまった便が、胃を圧迫するのが原因です。腸内に便が残っているので、胃から腸に食べ物をうまく送れません。胃の中に長く食べ物が残り、胃痛になってしまうというのが基本的なメカニズムです。

胃のトラブルで便秘になる事も

胃の調子が悪いからといって、消化のいいものばかり食べていると、どうなるでしょうか?腸への刺激が低下して働きが悪くなり、便秘になることがあるといわれています。

胃も腸も自律神経によって司られていて、体調やストレスによって機能が低下してしまうという意味でもよく似た器官であり、胃痛と便秘が同時に起きているのは根本的な原因が同じだという場合も少なくありません。

胃と腸は互いに干渉し合っているので、胃痛と便秘を併発した場合は、どちらか片方だけを解消するのではなく、まとめてケアする必要があります。

胃トラブルと便秘に良い食べ物と飲み物

りんご

リンゴに豊富に含まれているペクチンには、食べたものを消化・吸収されやすくする消化酵素的な働きがあります。

ペクチンという水溶性食物繊維を含んでいるため便秘にも効果的です。特にペクチンは腸内の善玉菌のエサとなる整腸効果のある特殊な食物繊維で腸内環境を整います。

できればすりおろして食べるほうがいいでしょう。なぜなら、すりおろしたほうが、ペクチンが速やかに働きますし、リンゴに含まれる栄養素が吸収しやすくなるからです。

リンゴは硬い便をやわらかくしてくれる効果が期待できます。

飲み物は100%果汁のりんごジュースがおすすめです。ジュースを飲むときは食後1時間後に飲むと胃酸が抑えられて胃痛の予防になります。

大根

大根の葉に近い部分に多く含まれる消化酵素ジアスターゼ(アミラーゼとも言います)。
体内においては膵臓や唾液腺から分泌される消化酵素で、デンプンを分解します。
胃もたれ、胸やけ、食べ過ぎ、消化不良、胃の膨満感などに効果が期待できる成分で、実際に胃薬としても市販されています。

酵素と食物繊維が豊富に含まれており便秘に効いていきます。
大根には食物繊維が含まれますが、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2つが配合されているのが特徴的です。

大根の酵素を効率よく摂取するには、生で食べるのが最適。また、すりおろし大根はさらに効果的だとも言われています!!

生大根は食べ過ぎは逆効果。大根には身体を冷やす効果もあるので、内蔵の冷え性などには注意が必要です。
目安は輪切りで1日1cmがちょうどイイと言われています。

キャベツ

キャベツには胃薬で使われている成分やたっぷりの食物繊維で、胃腸に効果があります。

キャベツの千切りには胃炎や胃酸過多に効くビタミンUが入ってます。これは胃薬のキャベジンにも入ってるのです。

胃の弱い人や冷え性の人は、生で食べない方がよいと思います。
そんなときは、お味噌(みそ)汁やスープにしてキャベツのかさを減らすのがおすすめです。
汁に溶け出した栄養素も無駄にせずに済みます。

キャベツに含まれるビタミンCやビタミンUは「熱に弱く水に溶けやすい」という性質があります。
便秘により効果的に摂取するためには、キャベツの栄養素を多く摂取するべきでしょう。
そのためには、やはり生のまま食べるのがおすすめです。

キャベツのみを食べてしまうと、身体に必要な水分や油分までを吸収してしまうので、腸内のうんちを硬くしてしまい、便秘になることがあります。
これを防ぐためには、キャベツのみを大量に食べるのでなく、水分や油分も一緒に補うことです。

山芋

ねばねばの成分、ムチンは細胞を活性化させ、胃にも便秘にも効果が期待できます。
栄養分たっぷりなので、元気もでそうですね。

長芋にはアミラーゼ、ジアスターゼなど多くの消化酵素が含まれており、たんぱく質や炭水化物など他の栄養素の消化、吸収を助けてくれます。

1 2





igataroさん

このまとめに参加する