1. まとめトップ

自民党・麻生太郎『ナチスを学べ』と発言!ユダヤ人の大虐殺ホロコーストの恐ろしさを学ぼう。

自民党・麻生太郎が『ナチスを学べ』と問題発言を行っています。ユダヤ人を大虐殺したホロコーストの恐ろしさについてまとめました。

更新日: 2016年11月08日

0 お気に入り 2303 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

◆麻生太郎のナチスを学べ発言

麻生太郎は、ナチスの手口を学べと発言しています。

◆絶滅収容所に送られたユダヤ人たち

1935年のニュルンベルク法制定から本格化した「ホロコースト」は、最終的にはヨーロッパで生きるすべてのユダヤ人を根絶させることを目標とした「ユダヤ人問題の最終的解決」という恐るべき計画へと発展していくのだった。

収容所に到着したユダヤ人たちは,生死の選別がなされているとは気づいていない。家族が一緒のバラックで暮らすことを希望していたので,子供を離さない婦女子が多かった。

強制収容所に入れられて、ガス室で多くの子供たちが殺される事になりました。

強制収容所の到着時に選別された労働可能者は,過酷な条件の下,軍需工場での奴隷労働,収容所の作業班に充当され,生きることを許される。しかし,栄養失調や病気で労働不能になれば,処刑された。

親衛隊の収容所管理者・看守は,ユダヤ人が暴動を起こさないように十分に配慮したマニュアルを作成し,ユダヤ人絶滅を細心の注意をもって,冷静に実行した。

◆アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

列車が収容所まで引き込まれている事が分かります。

移送列車で収容所駅に到着したユダヤ人は,その場で,労働が可能かどうかで即座に2グループに選別された。労働不可能な子連れ婦女子・子供,老人などは,ガス室で処刑されることになる。

◆ホロコーストの生存者たち

◆ザクセンハウゼン強制収容所

1936-1945年の間に, 20万人以上が収監された。当初は,共産主義者など政治犯だったが,1939年以降は,劣等人種と差別された人々も収容されるようになった。

◆収容所に設けられた売春施設

ゲシュタポは1942年6月にオーストリア、ドイツ、ポーランドの強制収容所などに13の強制売春施設を建設した。そのうち9カ所が囚人専用、4カ所は収容所警備のウクライナ人親衛隊員専用

施設は通常、有刺鉄線で囲われたバラックとして建てられ、小さな個室に20人ばかりの女性が女性看守によって管理されていた。

実際に売春宿を利用した囚人はドイツ人およびポーランド人の、特権を持つ囚人がほとんどであった。彼らはあらかじめ登録し決まったスケジュールのもと2ライヒスマルクと引き換えに"サービス"を受けた。

1