1. まとめトップ

男子は引いちゃう?モデル「市川紗椰」のオタクっぷりw

市川紗椰さんのオタクっぷりが物凄い。市川紗椰さんはハーフ。父親がアメリカ人、母親が日本人のアメリカ育ち。大学は早稲田大学政治経済学部を卒業。めちゃめちゃ高学歴!コロンビア大学に受かったけどモデル業に専念したく休学。美人でモデルで高学歴!才色兼備な彼女がどうしてオタクになったのでしょうか。

更新日: 2016年12月31日

2 お気に入り 19843 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

des11さん

▼市川紗椰(いちかわ さや)のプロフィール

市川 紗椰(いちかわ さや、1987年2月14日 - )は、日本のファッションモデル、タレント、ニュースキャスター。2011年に芸名を紗耶(日本名)から市川 紗椰(いちかわ さや)に変更。アメリカ人の父親と日本人の母親とのハーフ(父親はインディアンであるチェロキー族の血を引く)。

スーパーコンチネンタル所属。

▼市川紗椰さんには色々な趣味があってオタクっぷりが凄い

市川紗椰(いちかわさや)さんには色んな趣味があるみたい

モデルとしては10年以上のキャリアをお持ちの市川さんですが、近頃はそのオタクぶりでも注目を集めていますね

鉄道、ガンダム、相撲、ハンバーグ……ハーフならではの美貌と抜群のスタイルを持ちながら、様々な分野でオタクぶりを発揮し、話題を集めているモデル・市川紗椰。

▼市川紗椰がオタクになった理由がこちら

市川紗椰(いちかわさや)さんは趣味でお友達ができたみたい

唯一人と話せたのが趣味の話題だったんです。

一番最初に好きになったのが音楽だったんですけど、

それで友だちができたので、『趣味の話だったら人と話せるから、もっと調べよう』と思ったんです。

仕事でも趣味の話をいっぱいしだしたら、そういう仕事が増えて、その縁で今のように面白い趣味を活かした仕事をできるようになった感じですね。

▼市川紗椰はどんなジャンルのオタクなの?

大好物のハンバーグに関しては、全国を食べ歩き、その数は400軒以上回ったという、自称「ハンバーグハンター」

オタクとして有名になったのが「鉄道オタク」「アニメオタク」。

また、「ガンダムオタク」でもあり、「月間ガンダムエース」で取材されることもしばしばあるそうです。

プラモデル作りでは、ねっちゅし腱鞘炎を起こしたことがあるそうです。

▼本人もオタクであることを認めている発言があります

市川紗椰(いちかわさや)さんはオタク趣味を楽しんでいる模様

タモリ倶楽部は撮影が楽しくてしょうがなかった。

撮影がすごく楽しいんですよ…なかなか行けないような場所に連れて行ってくれるので。鉄道が好きでしょうがない人ばかりなので、待ち時間もずっとその話ばかりしていて、純粋にその場にいるだけで楽しいです。

多少疲れても、女の子がいっぱい出てくるような萌え系のアニメを「可愛い~」って言いながら見ていれば、翌日はしっかり癒されてるので大丈夫です(笑)。

▼一方で市川紗椰のオタクぶりに対する批判の声も

好きなんだからしょうがないじゃない

1 2