1. まとめトップ

2012年のノーベル生理学・医学賞を、生物のあらゆる細胞に成長できて再生医療の実現につながるiPS細胞を初めて作製した京都大学教授の山中伸弥iPS細胞研究所長(50)と、ジョン・ガードン英ケンブリッジ大名誉教授(79)の2人に贈ると発表した。

iPS細胞が有名になった2012年のノーベル賞!研究は進んで実現も間近か・・・

1





tigaponさん

このまとめに参加する