1. まとめトップ

【医療経営人材への道】「サービス付き高齢者向け住宅」と「有料老人ホーム」との主な違いって何?

親の介護、配偶者の介護、自身が高齢になると必要になってくる介護サービス。しかし、調べてみると似て非なるサービスが多く都度調べなおさねばならないものが多くあります。その中の一つ「サービス付き高齢者向け住宅」と「有料老人ホーム」の主な違いをまとめてみました。

更新日: 2017年11月07日

2 お気に入り 965 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

orihoanさん

似て非なる制度。いつも必要な都度覚えますが、忘れてしまいます。

高齢者をとりまく医療と介護はここ数十年で劇的に変わりました。高齢者が少なかった時、何も介護に対して施策をしてなかったので、増えまくった結果、介護保険作ったり、いまは施設でも高齢者が増えすぎているので、国は、施設介護よりも在宅介護を推し進めていたりしています。

サービス付き高齢者向け住宅』と『有料老人ホーム』って何が違うの?

一般的な有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅(賃貸住宅)の最も大きな違いは契約形態にあります。

【サービス付き高齢者向け住宅】・・・いわゆる「サ高住」

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、台所や浴室が共同の施設系と各部屋に台所や浴室がついた住宅型に分けられます。

住宅部分については建物賃貸借契約を結び、生活支援サービスを提供する場合は、別途サービス利用契約を締結します。
賃貸借契約には一般と終身があり、借家権が保障されるため、貸主に部屋を移動させられることはありません。また、退去も自由ですので住み替えが可能です。

サービス付き高齢者向け住宅は、住居の権利が保障された上で、自由にサービスを選択することができる賃貸住宅

在宅での介護保険のサービスと同様の訪問介護サービスが利用できます。※別途介護保険の利用料必要

【一般の有料老人ホーム】・・・・いわゆる「老人ホーム」

多くは利用権契約となります。
入居の際に一時金を支払い、終身で「居室と共用施設を利用する権利」と「介護や生活支援サービスを受ける権利」が保障されます。
施設の都合で部屋を移動させられる場合もあります。住み替えは可能ですが初期償却が発生します。

有料老人ホームは、住居とサービスが同一事業者によって提供される施設

有料老人ホームのサービスは、介護付きも住宅型も「入浴・排泄・食事の介護」「食事の提供」「洗濯・掃除等の家事」「健康管理」のいずれかを提供。

高額な入居一時金が必要になります。
※施設によって異なりますので、施設にご確認下さい。

<入居一時金について>
有料老人ホームは徴収可能です。
(入居一時金は家賃相当額、介護等その他の日常生活上必要な便宜の供与の対価として受領する費用を前払金として支払うものです。
 なお、平成24年3月31日までに届出のあった有料老人ホームでは、平成27年3月31日までの間は、主として居室や共用設備を利用する権利を取得するための費用がかかる場合があります。 神奈川県保健福祉局 福祉・次世代育成部 高齢施設課のHPより)
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は徴収不可能です。

介護サービスが含まれています。※介護保険自己負担分有

有料老人ホームにはいった場合は、お風呂は週にどのくらい入れるのでしょうか?
基本的にケアマネージャーのたてたケアプランに基づくことになります。週に2回から3回が多いようです。施設によっては、それ以上入りたい場合は、オプションで可能なところもございます。

1 2