1. まとめトップ

粘着性ネズミ取りが効かないのであればペストコントロやネズミの引越しDXは?

粘着性のネズミ取りがなかなか効かない大型のネズミに対して、ペストコントロやネズミの引越しDXといった超音波系の機器はどれほど効果があるのか?

更新日: 2016年11月18日

mousehunterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 829 view
お気に入り追加

日本で良く見かけるネズミとは?

日本の家屋で見られるネズミは、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種類です。

中でもドブネズミが全長・重さ共に大きいようです。

どういうところから侵入するのか?

ドブネズミ
床下・家の基礎にできたすき間のほか、台所やトイレの排水口・配水管まわりからも侵入してきます。

クマネズミ
電線を綱渡りすることさえ可能で、屋根の排水パイプも軽々のぼってきます。2階だからといって窓を開けっぱなしにしておくと、電線伝いにそこから入ってくることもあるほどです。

ハツカネズミ
身体が小さいため、ほかのねずみの入り込めない場所にも侵入してきます。また、他のねずみに比べて乾燥にも強いことから、民家ばかりでなくねずみ対策が忘れられがちな倉庫・物置に侵入する事例も多くみられます。

ネズミの被害

ネズミによる被害は、衛生的被害、都市機能の被害、経済的被害の3つがあげられます。衛生的被害には感染症、皮膚炎、精神的障害があり、都市機能の被害には、鋭い歯でコードなどを噛み切ることによる電気災害(電線ケーブルやガス管を噛み切ることによる停電や火災、爆発事故など)、交通被害などがあげられます。

ネズミを放置することで生命・財産にも悪影響を及ぼす可能性が出てくるので、早めの対策が必要となってきます。

ネズミへの対策方法

忌避剤(スプレー、くん煙剤等)で駆除する。(環境的駆除)
忌避剤(きひざい)を使用し、ネズミの嫌がる匂いや成分で追い払います。

ただし、ネズミは学習能力があるため、同じものばかりを使用していると段々効かなくなってくることがあるので、注意が必要です。

ネズミを捕獲する。(捕獲器(捕獲カゴ)による方法)
ネズミの食べ慣れているもの(実際に被害にあった食べ物など)をエサとして使い、ネズミの通路や出入り口近くの物陰などに仕掛けます。

警戒心を解くために捕獲できなくても数日間はそのままにしておく必要があります。

ネズミを捕獲する。(粘着シートによる方法)
なるべく多く、隙間なく設置するのがコツです。

放置しておくと腐敗による悪臭やダニの繁殖の原因になるため、定期的にチェックをするのが重要です。
また、人の匂いでネズミが警戒するのを防ぐために、設置の際には手袋を使用するようにしてください。

超音波・電磁波で追い払う。(環境的防除)
超音波・電磁波によってネズミにストレスを与る空間を作り、他の場所へ移動させます。超音波は室内、電磁波はコンセントを通じて壁裏の配線周辺の広範囲に作用します。

他の対策法と併用することでより効果が期待できるようです。

一番のおすすめは?

ネズミを見たくない、触れるのが嫌だという人は多いかと思います。そのことから、見たり触れたりせずにネズミ対策が出来る環境的防除が初心者の方におすすめします。

どういった製品があるのか

国内外問わず、多くの企業が超音波や電磁気で追い払う装置を販売してます。その中でも、ペストコントロやネズミの引越しDXといった装置がネット上で知れ渡っています。

ペストコントロ

アメリカで数多くの実験を繰り返し開発され販売に至った製品で、アメリカ市場でその有効性から大きな信頼を得ています。消費電力も微々たるものなので、24時間毎日連続しても、電気代は1ヶ月わずか数円で、とても経済的です。

標準・強力・最強力と3種類あり、ネズミや悩みに合わせて選ぶことが出来ます。

ネズミの引越しDX

ねずみにとって大迷惑な「複数の超音波」を、ねずみが住み着く天井裏に絶え間なく反響させ続けるねずみ駆除器です。

こちらもペストコントロと同様にアメリカで特許を取得している製品のようです。

設置方法は?

どちらもコンセントに差し込むだけなので、とてもお手軽です。また、ネズミと遭遇することも少ないため、ネズミが見るのも嫌だという方も安心です。

設置の際の注意点

1 2





mousehunterさん