1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

ファッションも素敵です!マリーアントワネット展は女子力がすごい♡

マリーアントワネットの生涯から学ぶものもありますね。特に装飾や当時のファッションは見るだけでも女子力上がる気がしますね。

更新日: 2017年02月13日

pinkswan999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
314 お気に入り 171283 view
お気に入り追加

女子なら行きたいイベント!ファッションに豪華アイテム♡

フランス王妃マリー・アントワネット(1755-1793)が暮らしたヴェルサイユ宮殿の企画・監修のもと、彼女の激動の生涯を辿る本展。

美術品や資料だけでなく、彼女が暮らした空間とその時代をも体感することが出来る本展。

期間:10月25日(火)〜2017年2月26日(日)
休館日:会期中無休
時間:午前 10時 〜午後8時(火曜日および10月27日(木)は午後5時まで)

マリーアントワネット生涯が12章でわかりやすくなってるよ

ヴェルサイユ宮殿は、そんな彼女が輝かしい時代を過ごした、いわば“思い出の宝石箱”です。

この展覧会では、マリーが幼少を過ごしたオーストリア時代からフランス革命によって死刑になるまで、彼女の人生を追うように、第1章から第12章までの章立てで構成されています。

マリーアントワネットのまさに波乱の一生を追うことができます

幽閉中に彼女が身に着けた肌着やヘアバンド、断頭台にのぼる際に脱げたとされる靴などが展示されます。

注目ポイント! 王妃の部屋の再現

王妃が実際に使った家具や同時代の浴槽などとともに原寸大で再現した展示だ。 ヴェルサイユ宮殿以外で、この規模の空間再現がなされるのは、史上初の試みとなる。

室内の家具だけでなく、壁の装飾に至るまで、マリー・アントワネットの好みを色濃く反映しています。

史上初の試み。空間をそのまま再現しています。

あこがれますね。

当時のファッションは素敵ですよ。

華やかな盛り上がりをみせていたパリのファッション界を10代半ばで目の当たりにしたマリー・アントワネットは、最新の流行に夢中になりました。

当時のファッションリーダー的な存在。

1番の魅力は、なんといっても、愛くるしいまでの華やかさではないでしょうか。

豪華なアクセサリーも。

図書室は、3Dプロジェクションマッピングがすごい!

現在は残っていない図書室は、かつての設計図などをもとにバーチャルリアリティで蘇らせます。

1 2





pinkswan999さん

ストリートファッション&アレンジを中心に紹介しています♪素敵なアクセサリーやファッションアイテムもすこしづつですがアップしますね♪。お気に入り登録していだければ、励みになります。よろしくお願いします。