1. まとめトップ

冬こそ注意が必要だった!ふとんのダニを「熱」「吸う」で駆除する裏ワザ

暖房と加湿器を使い、あまり換気を行わない場合は「梅雨」でなくてもダニの繁殖に注意が必要です。今回は、「熱」「吸う」で駆除する裏ワザをご紹介します。

更新日: 2017年02月27日

8 お気に入り 18734 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

beablejpさん

ダニ繁殖のピークは梅雨の時期

布団のダニ!1平方メートルあたり10万匹

「家の中のダニワースト3のソファに1300匹、じゅうたんに2000匹、布団にはなんと1平方メートルあたり10万匹といわれています。

シングルの掛け布団は平均3・15平方メートルだから、1枚の布団にコイツが32万匹近くいることになる。もうなにがなんでも退治するしかない。

しかし!「秋から冬」にかけても注意が必要!

下記の条件を満たすしている場合は秋から冬にかけても注意しましょう。

暖房と加湿器を使っている
寒いからといって換気を全くしない
日本の住環境はダニが発生しやすくなっています。

すぐ思いつく対策は・・・布団を日干しすること

ダニは50度にならないと死滅しません。布団を叩いてもダニはすべて落ちるわけではなく、むしろダニの死骸やフンが舞い上がりアレルギーなどを起こす原因ともなります。

次に思いつくのは、掃除機で吸いとる方法!

ふとんに掃除機をかける時、吸い込み口にふとんが吸い付いてしまって、うまくかけられない

布団の掃除機は、○○を使うと簡単でしかもスイスイできるとか?

そんな場合は、掃除機の先端にビニール紐を巻くことで全体を吸い上げなくなります。

掃除機に"ビニール紐"?巻く感覚は1cm!

掃除機のノズル部分に、すずらんテープを巻きつけます。

この際、紐と紐の間を1cm程空けるようにしましょう。

▼詳しいやり方は動画をチェック!

ちょっと待って!ダニは殺してから吸いとりましょう♪

ダニを殺すためにはどうしたらいいの?

ダニは熱に弱いので、50度では20-30分、60度以上なら一瞬でダニを殺すことができます。

1 2 3