1. まとめトップ

ガガも激怒⁉︎日テレが放送事故並みの誤訳に非難の嵐!

アメリカ大統領選のまさかの結末に様々な余波が広がっています。そんな中、日本テレビがレディー・ガガの抗議に対してまさかの誤訳が!ネット上でも様々な意見が投稿され話題に!果たして真相は?!

更新日: 2016年11月12日

haachanmamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 33642 view
お気に入り追加

まさかの結末となったアメリカ大統領選

様々なスキャンダルを物ともせず大勝利!

11月8日、アメリカ大統領選で共和党のドナルド・トランプ氏が勝利を収め、第45代アメリカ合衆国大統領に就任することが決まった。

当初は泡沫候補と軽視されながら、大本命のヒラリー・クリントン元国務長官を大差で破る地滑り的な勝利となった。

この結果はアメリカの政治専門家にとっても想像すらできなかったことは、テレビ中継に出演した面々がそろって青ざめていたことからも想像がつく。

日本でも驚きの声多数!

まさかトランプ氏が勝つなんて想像つかなかった(^^;) これからどうなるのか?先が読めないから不安ですね。

外国でも、トランプ、実はまさか大統領になると思ってなかった、みたいな話出てるんだ・・・・

異例の抗議デモに発展!

「俺たちの大統領じゃない」など厳しいメッセージも。

ニューヨークのトランプタワー前では、数千人規模のトランプ氏に対する抗議デモが行われた。多くの移民が暮らすカリフォルニア州でも衝撃が広がっている。

黒人や移民を含む約1000人の若者は、「私の大統領ではない」などと書かれたプラカードを手に声を上げていた。またニューヨークでも2日連続でデモが行われ、トランプタワーの前に100人を超える人が集まり、「大統領として認めない」などと抗議した。

住民からは「とても悲しい。ここに残りリスクを負うのかという選択を迫られているようなもの。たくさんの人がより良い生活を求めて来たのに台無しだ」「アメリカの歴史上で最悪の決断をした」といった声が聞かれた。

連日続く抗議デモにトランプ氏が反論!

デモについてトランプ氏はツイッターに「メディアがあおり立てたプロの活動家によるものだ。非常に不公平だ!」と書き込んでいて、対立はさらに深まる様相。

国民の投票によって大統領に決まったのに、こんな抗議を続けられたら文句も言いたくなりますよね。

セレブたちからも落胆の声が…

参加した抗議デモで歌ったマドンナ。

マドンナはインスタグラムで「新しい炎が点火した。私たちは決して諦めない。私たちは決して屈したりなんかしない」と投稿し、ニューヨークで行なわれた抗議デモに参加。

ケイティ・ペリーは「私たちは決して黙っていない#LOVETRUMPSHATE(愛は憎しみに勝つ)」、「座ったままでいないで。泣かないで。行動して。私たちの国は憎しみに先導されるような国じゃない」とツイッターに連続投稿

『アベンジャーズ』シリーズでキャプテン・アメリカを演じているクリス・エヴァンスはトランプ大統領が決まった直後に「アメリカにとって恥ずべき夜になってしまった。僕らの素晴らしい国をヘイトをかきたてる人に指揮を執らせることになってしまった」と失望あらわにツイート。

中でもレディー・ガガははっきりと抗議!

レディー・ガガは、選挙応援でスピーチしたこともあるほどのヒラリー・クリントン支持者。

彼女はトランプ勝利が確定した後の11月9日の未明、「Love Trumps Hate(愛は憎しみに勝つ)」というプラカードを掲げて、トランプの自宅であるニューヨーク五番街のトランプタワー前で抗議。

抗議活動の様子が自身のInstagramに投稿された。

ガガはツイッターで、黒いジャンプスーツ姿でトランプタワー前に停まっていた市の清掃トラックのステップに立ち、サインを掲げている写真をアップ。

「トランプが嫌い⁉︎」日テレがひどい誤訳!

日本テレビの意訳がぶっ飛びすぎ!

日本テレビの報道番組「news every.」で恥ずかしい誤訳があったとしてインターネット上で話題になっている。

番組のナレーションでは「手に持ったプラカードに書かれていたのは、『トランプは嫌い』のメッセージ」と説明。その後、ガガさんが車の中から同フレーズを叫んだ際にも「トランプは嫌い!」とのテロップを表示した。

1 2





haachanmamaさん