相続税申告をしたうちの約22%程度に税務調査が入り、そのうち約81.8%が、何らかの申告漏れを指摘されているということになります。さらに、この申告漏れのうち12.4%にあたる1,258件で追徴課税にあたる重加算税が賦課されているという事実があります。

このことからも分かるように、相続税申告には確かな専門知識と豊富な実務経験が必要とされ、どんな税理士に依頼するかによって、その後の流れや納税額に大きな差が生じてくるのです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

相続税専門の税理士の探し方

極めて高い専門性が必要な相続税。これを専門とする税理士を探すのはかなり難しいです。また、専門の税理士とそうでない税理士では経験と知識では大きな差があります。今回は、相続税専門の税理士の探し方をご紹介いたします。

このまとめを見る