1. まとめトップ
  2. カラダ

突然の激痛…ぎっくり首になってしまった時の対処法

突然襲ってくる首の強い痛み…ぎっくり腰ならぬ「ぎっくり首」の症状に悩む人が増えています。

更新日: 2017年04月14日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
113 お気に入り 47560 view
お気に入り追加

■「ぎっくり首」の症状に悩む人が年々増えています

朝起きたら、突然首に激痛が走った、くしゃみなど、ちょっとした動作が原因で首が痛んで動かなくなった

名前を呼ばれて振り向いたり、横を向いたり、ちょっと体勢を変えただけなのに、激痛が走り、動けなくなってしまう

こういった症状は、“ぎっくり腰”ならぬ、“ぎっくり首”と呼ばれ、ここ最近患者が急増している

■「ぎっくり首」って?

ぎっくり腰同様何かの動作中などに痛みを伴って首を動かすのが困難になるようなもの

■主な症状

痛みは激しいものから軽度の症状までさまざまですが、頭を動かしたときに首に痛みが起きるのが特徴

くしゃみやひどい咳の時などに首がグキッとなってそのまま痛くて動かせなることがあります

■様々な不調の引き金になってしまう場合も

首こりからは、頭痛、めまい、自律神経失調症の3大症状を発症するといわれている

自律神経失調症から、動悸や息切れ、微熱が続く、冷え・のぼせ、目が乾く・かすんで見づらい、お腹の調子が悪い・吐き気がするといった症状につながっていく

さらに進行すると、パニック障害、新型うつ(自律神経うつ)、慢性疲労症候群を招く

■原因

筋肉の硬さ

首と肩の筋肉は僧帽筋でつながっているため、肩の筋肉が固くなると首にも負担がかかります

普段から硬い筋肉に日常のちょっとしたくしゃみや歯を磨くなどの動作が加わると緊張の糸が切れたようにぎっくり首になってしまいます

姿勢の悪さ

デスクワークや日頃の姿勢が悪く猫背になりやすい方は、首が前に出ると負荷がかかりやすくなり、疲労が溜まります

体は少しずつたまる疲労にたいして、どうしても気づきにくいので、どんどん蓄積されてしまいます

■ぎっくり首になってしまったら

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう