1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

akane_3100さん

保育士の理想と現実

「保育士は親の代わりに子供を見ている仕事。」
「子供と遊んだり躾をしたりする仕事。」

これがおおよそ世間の認識ではないかと思います。
まぁこれが軽すぎるとしても、「子供の世話をしている!」というのが大半でしょう。
子供が好きだからという理由で保育士を志す方も多いはず。

ですが、保育士免許をとる人数はあまり変わっていないことに対して、保育士は現在
不足状態にあります。その理由は免許を持っているにも関わらず、保育士の職に就いて
いない「潜在保育士」が増えているからです。
一体なぜ潜在保育士は増えてしまったのでしょう?

前、エステの体験に行った時に保育士は思ったより動かないとか子どもと遊ぶだけって言われてガチギレしそうになった事あったなって。 エステも大変だろうがこちとら国家的ブラック企業じゃクソが!!ってなったのを思い出してその頃の自分に言いたい。お主まだマシだったよと。現在が地獄だわ

こういう認識を一定数の方が持っているのは事実・・・。

そもそも日頃保育士さんはどんな仕事をしているの?

・トイレトレーニング
・お絵描きの練習
・絵本の読み聞かせ
・ダンスの練習
・お庭での砂遊び
・滑り台で滑ったり
・石鹸で手を洗う練習
・階段の上り下りの練習
・給食でスプーンを使う練習、コップで飲む練習
・お昼寝をさせる
・ブロックや積木遊び
・夏はプールで水遊び、シャワー

などなど、いろんな事をしてくれるんです。私たち親だけじゃ、毎日こんなに色んな事は出来ませんからね~。

簡単にこれだけ連なっていますが・・・。
実際これを毎日約8時間ほどの実働時間の中で、30人近くの園児1人1人にしているとなると
かなりの重労働だと思います・・・。
保育士さんは基本的に4,5歳児になると1人で20人から30人のクラスを受け持ちます。
副担任がいる園もさほどあるわけではないので、実質一人でこの仕事を30人分こなしている
わけですね・・・。

もちろんここに書かれていることだけではありません。
園によっては英語教育や体育教室を開いているところもありますし、日頃の保育は常に
計画され子供の成長のために設定されたものが用意されています。
それを奔放な子供達に体験させ学ばせて・・・と考えると気が遠くなりそうですね・・・。

1人保育士に23人はひどい。長年違反状態のブラック保育ビジネスの経営者には、即罰則&閉鎖にするよう厳しく改善すべきだよ。悲しい事件だよ。

子供と関わる事以外にも仕事は山盛り・・・。

唯一の仕事時間中の休憩である子供の午睡時間には大抵の先生方は保護者の方へ渡す
連絡帳をそれは事細かに書いていらっしゃいます。
さらに園便りの製作や配布の準備、子供達のイベント行事のための制作物の準備、
またそれぞれのクラスに配置する壁面構成の準備や、子供達に体験して欲しい学びへと
導く設定保育の構想や、何より日々の膨大な保育日誌・・・。

現場の保育士の方からしたら「もっとあれもこれもやってるよ!!」と意見が上がるでしょう。
ですが上記のことだけでもお腹いっぱいな程です・・・。
しかも子供に関わる事以外での仕事がこんなにあるのに、業務時間内での休憩時間はほとんど
午睡の1時間くらいのみ。つまり、この午睡時間に出来なかった仕事はほとんど残業と
持ち帰りの仕事になるわけです。

実際保育士の給料ってどうなってるの?

平成27年 保育士の年収 基本情報
平均年収:323万円
平均月収:22万円
平均時給:1,251円
ボーナス等:60万円
年収ランク:26位
時給ランク:29位
平均年齢:35.0歳
勤続年数:7.6年
復元労働者数:222,080人
総労働時間:175時間/月
男性年収:346万円
女性年収:322万円

こちらサイトから引っ張ってきた情報です。
ですがここで注意して頂きたい点があります。

正直私は「月収22万円」の求人を見たことはほぼほぼないです。
教育学科や保育学科の学生向けにくる求人をまとめたファイルを見せて頂いたことが
ありますが、その保育園は大体平均17万円ほどでした。
幅がありますが、15万円から19万円の保育園がほとんどです。
そして私は4年制大学の求人を見たので、短大卒・専門学校卒ならもっと低いかもしれません。
そう考えると平均年収200万台で働いていらっしゃる保育士さんって多いのでは・・・?
月収は手取金ではないので、これから保険などを諸々引かれたら10万強の保育園も
あるんでしょうね・・・。

さらにこれに加えて膨大な量の勤務外での職務があります。
これは給料に見合っていないと言われるのも納得です。

最初に勤めた園は今思えばブラック。 でもそこしか知らないから気付かない。 工作や行事に必要で園にない物は担任が実費で買う。 定時でタイムカードきってからのサービス残業。 そりゃ保育士増えないよ。 行事前なんて100時間超えは当然。 電通の見て、そこに7年も勤めた自分が怖くなった。

給料に見合ってないと思われる理由

まず1つに、保育士は子供と遊ぶ職という方もよくいらっしゃいますが、同時に子供の
命を預かっている職でもあります。
それこそ乳児の預かりもやっていますから、まだ母乳で育てているお子さんも預けられる
訳です。乳児の子は何倍も何十倍も配慮が必要である大切な仕事です。
さらに年齢が上がっても5歳児までですので、子供同士の喧嘩で、突発的な事故で、
子供がいつどこで危険に晒されるかはまったく分かりません。
保育士の方は休む間もなく子供と遊びながらも、常に園内・園庭全員の子供に目を向けながら
安全を確認しておく必要があります。
保育士は子供の命を直接的に預かり、守っている仕事です。
だからこその国家資格であるのではないでしょうか。

近年問題になっているモンスターペアレント問題

アンケートをとると、このような回答が帰ってきます。


「いつも特定の子を抱いている」

「同じ保護者にばかり話しかける」

「私生活で、遊びすぎ。こんな人には担任してもらいたくない」

「挨拶したのに無視をされた」


名指し苦情も書きたい放題です。

保育士の方は日々の保育でてんてこ舞いになっていながらも、保護者の方との連携も
欠かせません。優劣なく子供を見ているつもりでも、子供の性格は千差万別です。
1人でどんどん遊んでいく子供もいれば、1人では新しいことを始めることが不安な子まで
極端です。その子達すべてに配慮しながら保育をしていても、時には保護者に伝わらず
理不尽な意見をぶつけられることも・・・。

その中にはもちろん筋の通った意見もあるでしょう。
しかし明らかに改善のしようがない保育士にぶつけるべき問題ではない意見もうまれます。
これはすべてに保育士は対応していけるわけもありませんが、子供を預かると言うことは
保護者の方との信頼関係が絶対です。
それがかなり重荷になる保育士の方も多いみたいです。

それでも給料を上げられない・・・保育界の深刻な現状

給料を上げるためには職員の削減や保育の運営費の削減が必要です。
しかし、職員はこれ以上減らせないほど既に不足状態、運営費を落とすと満足のいく
保育サービスを実施できなくなるため保護者の方や地域の方からの不満の声が出ます。
保育界の深刻な現状を作り上げているのはこの八歩塞がりの様子です。
質の高い保育サービスの充実と、職員の身体的精神的ケアも考えた職務は両立できません。
長い間叫ばれているこのブラック問題ですが、国は大幅な改善案を示すこともなく・・・。
保育士の方の心の叫びは高まる一方です。

需要が高まって作る人が足りないとなれば仕事受ける方が言い値でも通りそうなもんなのにこの状況でもまだ買い叩かれてる状況が異常だよなぁ。保育所も利用したい人が溢れていて保育士も足りてないとか言ってるのに保育所は増えず保育士の給料も上がらないとか誰かが得する為の仕組みとしか思えない。

賛成?反対?準保育士制度

政府の産業競争力会議雇用・人材分科会で3月14日、准保育士という新しい資格を設けることが民間議員から提案された。准保育士は、国家資格の保育士と異なり、子育ての経験があれば取得しやすくなる民間資格となる。主婦層の働く機会を増やすとともに、保育所の質の向上させることがねらいだ。

准保育士導入賛成。保育士さんたちみんなを敵にしちゃう発言かも知れないけれど、主婦はいつの世も軽く見られるけれど 私が二人の息子を育てて来た中で 出来る母さんは沢山いました。保育士でも 任せて安心な先生は育った環境も影響していると思います。得意な人もいれば。。。

保育士不足を補うため「准保育士」制度の導入を検討だなんて、ホントにバカだと思う。保育士不足に陥っているのは、保育士の資格を持っていながら、待遇の悪さで保育士という職業を選択しない人が多いのが一番の原因ではないの? 子育て経験がある人を安く使おうなんて発想がおかし過ぎる。

個人的な意見になりますが、子育て経験をした方と保育士さんでは、明らかに違うと思います。
最も大きな点は、「1人を相手にしたか」「大勢を相手にするのか」ということ。
保育所はもちろん1人1人のための保育を行いますが、あくまで集団生活の中でそれが行われる
べきであり、家庭とは違います。
保育所では大勢の中で1人の個性を伸ばしていくための設定保育が組まれます。
そう考えると、資格を持っている人が働きたくなる環境作りが優先されるべきであり、
保育と子育てという似ているが確実に異なってくる方法の共存で現場を混乱させることの方が
高リスクである可能性もあります。

保育士は国家資格なのだから高給取りになるようにすれば、優秀な人材だって集まるし場所だって必然的に増える。それをブラックなまま場所だけ増やしても意味ないんじゃねーのか

ほかの方のツイート見て思ったけど、教員の給食食べる時間(実質)はやっぱり7分だね。先日ブラック仲間(?)の保育士の方に「中学校では給食何分で食べるんですか?」と聞かれたので「15分…20分あればすごい…教員はだいたい7分で」と答えたけどいいですよね。ね。

ブラック化する保育:大川えみる著 保育士の有資格者で保育の仕事をしない人は約68万人。その理由 ・低賃金 ・園児から目を話せず連続勤務で過労 ・保育設置基準が戦後混乱期のまま。4~5歳児は英独なら保育士一人に13人以下日本は30人 ・休日少なく有休取得困難 ・保護者トラブル多し

特殊な例になってきますが、近年ではこれに加えて騒音問題による近隣とのトラブル等も
問題になっていますね。
保育士の方の休息の時間がなく、精神面でも身体面でも疲労している状態が続き、
園内での虐待や暴力行為にでも繋がったら保育の意味がありません。
(もちろん精神面が仕事で疲れていたとしても許されることではありませんが・・・)

保育士職の職務料や給料が見直されないまま新たな政策や方法に出られても現場に
混乱を招くだけでは意味がないのではないでしょうか。

1