1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

tanakanoさん

吉永小百合

西武ライオンズと早稲田大学ラグビー部のファンとして有名である。前者については、元々読売ジャイアンツ(特に長嶋茂雄)のファンだったのが、江川事件をきっかけに転向したものだった。また、1996年オフの清原和博の読売ジャイアンツへの移籍について、「あの時(1987年の対ジャイアンツ戦で日本一を決めた、日本シリーズ第6戦のこと)の涙は何だったの」とコメントしていた。この結果、清原ファンをやめている(西武ファンは継続)。また、清原も吉永のファンである。なお、父・英之は前身球団である西鉄ライオンズのファンだった。

小倉智昭

プロ野球・埼玉西武ライオンズファンであり、清原和博のファンでもある。西武ドームのシーズンシートを購入している。2009年には本拠地開幕戦始球式に参加、その模様は翌日の『とくダネ!』で笠井信輔(フジテレビアナウンサー)、中野美奈子(当時フジテレビアナウンサー)が実況模様を紹介した。

ウエンツ瑛士

西武-東北楽天戦では、タレントのウエンツ瑛士が背番号230のユニフォーム姿で始球式を務めた。

中学生時代から当時の西武球場に足しげく通う1人の青年、それがウエンツだった。背番号の数字は、その頃自宅から球場まで使っていた電車代。今でも大のライオンズファンの彼は、シーズン中も多忙なスケジュールの合間を縫って、球場で一ファンとして応援している。そんな憧れの聖地での大一番に「人生で、一番緊張しました!」。

今野浩喜

地元が埼玉のため、西武ライオンズファン。その縁があってか、不定期に『文化放送ライオンズナイター』に特別出演することもある。

オードリー・春日

小学生の時は少年野球の経験もあり、プロ野球では埼玉西武ライオンズのファンである。西武の地元である埼玉県所沢出身で、球団が誕生した1979年生まれということもあり、幼少から西武ライオンズ友の会に入って応援している。西武ドームで観戦することもある。応援グッズの西武のメガホンは小学生の時から愛用している。大学生のときに西武ドームでアルバイトをしていた縁もあり、2012年5月3日に西武ドームで開催された対東北楽天ゴールデンイーグルス戦のイベントで「1日企画部長」に就任し、中村剛也内野手と一打席勝負を行ったり、ビールの売り子、グラウンド整備員などを行い試合を盛り上げた。

あさりど・堀口

プロ野球では地元球団の埼玉西武ライオンズのファンである。スポーツ好きが高じて、文化放送の「ライオンズナイター」でスタンドレポーターも務め(中略)る。

岩隈久志(シアトル・マリナーズ)

西武沿線に住んでいたこともあり、小さい頃は、ファンクラブに入って西武ライオンズ球場に通い詰めるほどの熱烈な西武ファンだった。

グローブが青いのは、西武ファンだからという説も。

1