父・浅井長政が義兄・織田信長を裏切って越前の朝倉義景に味方したために、浅井家と織田家は敵対関係となり、天正元年(1573年)に浅井家の小谷城は織田軍に攻められ、父・長政は切腹。幼少の茶々は母の市や妹の初・江とともに城から脱出し、織田家に引き取られる事となった。

天正十年(1582年)には叔父である織田信長が本能寺の変で横死。その後。母の市は織田家の宿老であった柴田勝家と再婚。茶々ら浅井三姉妹も市とともに勝家の居城であった越前・北の庄城へと移り住む。

しかし、織田家中の実力者である勝家と羽柴秀吉が対立、天正十一年(1583年)に賤ヶ岳の戦いが起こる。賤ヶ岳で敗れた勝家は居城・北の庄城で自害。お市の方もともに自害する。三姉妹は城から助け出されて安土城で育ったと言われている。

出典真田丸 キャスト・人物ネタバレ 秀吉が愛した茶々(淀)、大坂城の重鎮・大蔵卿局、三成の妻・うた、吉野太夫 | FULLSPEC club

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【ヒストリア】豊臣家の終焉。わが子のために生きた淀殿の自刃(享年五十)

茶々。織田信長の姪。浅井長政・お市の方の娘であり浅井三姉妹の長女。豊臣秀吉の正室であり豊臣秀頼の母である淀殿。悲運の運命を遂げたドラマチックな彼女の最期はどのようなものであったのか。

このまとめを見る