1. まとめトップ

上座はどこ?今さら聞けない社会人マナーまとめ

座る位置にもビジネスマナーがあります。失敗しないために、おさえていきたいものです。

更新日: 2016年11月14日

24 お気に入り 12398 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

happy1979さん

「上座(かみざ)」?「下座(しもざ)」?とは

「上座(かみざ)」は、日本のマナーにおいて、自分よりも身分の高い人が座る(または立つ)ところを意味し、「下座(しもざ)」は、上座の逆で、自分よりも身分の低い人が座る(または立つ)ところを意味します。

「タクシー」での場合

タクシーでの上座は、①→②→③→④となります。
理由は、
運転席の後ろが一番安全なので①が一番の上座です。
③は、事故がおきた時に前方に飛ばされてしまう危険性の強い席です。
④は、タクシーの場合、行き先の案内や、料金のやり取りなど、幹事的な役目の席となるので、一番の下座です。

エレベーターの場合

エレベーターの上座は、①→②→③→④→⑤の順になります。
操作ボタンの前が下座です。
お客様をエレベーターにご案内する時は、先にエレベーターに乗り込み、「開く」のボタンを押してお客様を招き入れます。先にお客様に乗っていただく場合は、外のエレベーターのボタンを押してお客様をご案内します

応接室での場合

応接室での上座の条件は、
・入り口から遠い
・ソファと肘掛椅子の場合はソファが上座
・絵が掛かっている場合は、絵を正面から見ることの出来る位置

●入り口から最も遠い席が上座となります。

●二人掛けのソファーと、一人掛けのソファーがある場合には、二人掛けのソファーが上座になります。

●お茶を出す順序も、席次の順番に従います。

円卓での場合

出入り口から一番遠い席が上座となり、以降は上記の図になります。出入り口に一番近い席が下座です。

中華料理のレストランなどでは、主賓が席につくまでは出入口近で待つのがマナーになるので注意してください。

和室の場合

床の間がない場合は、出入り口から一番遠い場所が上座です。

逆にその場で一番若かったり、その集まりを仕切る人や主催者は
いつでも動けるように出入り口に近い下座に座ります。

電車・新幹線・飛行機での上座・下座

進行方向側で、かつ窓側というのが最も快適とされ、上座になります。

3人掛けの場合、通路側よりも中央の席のほうが狭く不便なため、進行方向逆側の中央の席が下座になります。

まとめ

出入口から遠いほど上席
飾り棚や絵画のある方が上席
窓があるときは景色の見える方が上席
長椅子と肘かけ椅子があるときは長椅子が上席
となるので、ぜひこれだけでも覚えておいてください。

重要なのは、ルールに捉われ過ぎず、状況に応じてより快適な席を判断してご案内することです。ときには一言声をかけて、相手を気遣いましょう。

1