たとえばロンドン。ガスはもとより管が地中化されていた。
これに対して電線は架空できるが、それでは安くつきすぎて競争条件が公正でない。
そこで電気法が制定され、架空線が禁止された。

出典無電柱革命~海外の無電柱化はなぜ進んだのか:本を聴く日々:So-netブログ

ロンドンは無電柱率100%

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

東京の風景が変わっちゃう!?都の方針「無電柱化」だがデメリットも‥

五輪に向けて都が都道での電柱の新設禁止条例を制定する方針。景観や防災面での変化は?

このまとめを見る