これからスキーシーズンだが、長距離移動の運転手には気を付けてほしい。運転中の未破裂動脈瘤が原因のクモ膜下出血で運転手がトラブルを起こすケースが多いので、MRI怨嗟を運営会社は義務付けてほしい。国会でも長崎幸太郎議員が取り組みを行っている。制度化してhしい。 #長崎幸太郎

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

長崎幸太郎議員の活躍も、事業用自動車の疾病運転防止に向けた道路運送法及び貨物自動車運送事業法改正案

スキー旅行のバスが事故を起こしたりと、長距離バスの事故は後を絶ちませんが、これは事前のMRI検査で予防ができる可能性があるのです。運転手にMRIを受けさせるために必要な乗客の負担は一人あたり150円。150円で命を守れます。

このまとめを見る