道路運送法及び貨物自動車運送事業法の一部を改正する法律案(衆第一一号)(衆議院提出)要旨
本法律案は、自動車運送事業に係る輸送の安全を確保するため、当該事業に係る事業用自動車の運転者が疾病により安全な運転ができないおそれがある状態で事業用自動車を運転することの防止について定める等の措置を講じようとするものであり、その主な内容は次のとおりである。
一 道路運送法の一部改正
旅客自動車運送事業者は、事業用自動車の運転者が疾病により安全な運転ができないおそれがある状態で事業用自動車を運転することを防止するために必要な医学的知見に基づく措置を講じなければならないこととする。
二 貨物自動車運送事業法の一部改正
貨物自動車運送事業者は、事業用自動車の運転者が疾病により安全な運転ができないおそれがある状態で事業用自動車を運転することを防止するために必要な医学的知見に基づく措置を講じなければならないこととする。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

長崎幸太郎議員の活躍も、事業用自動車の疾病運転防止に向けた道路運送法及び貨物自動車運送事業法改正案

スキー旅行のバスが事故を起こしたりと、長距離バスの事故は後を絶ちませんが、これは事前のMRI検査で予防ができる可能性があるのです。運転手にMRIを受けさせるために必要な乗客の負担は一人あたり150円。150円で命を守れます。

このまとめを見る