1. まとめトップ

塩で寿命が変わる? 長生きしたかったら塩でコントロール

常識のように思っている、減塩が健康に良いという話は本当なの?しかし最近、減塩をしすぎたらかえって危険、という調査結果が発表されました。減塩=健康とは限りません。

更新日: 2016年11月16日

1 お気に入り 3646 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hirasuiさん

◆日本人は塩分を摂り過ぎる? 高血圧には悪?

◎天然塩
天日塩、平釜塩、岩塩、湖塩に分類されます。
◎再生塩
海外から輸入した天然塩を洗った後に、ニガリなどを添加した物。
◎精製塩
精製されて99%が塩化ナトリウムになってしまった塩。

にがりを含んだ「赤穂の天塩」は、素材の旨みを引き立てます。にがりの主成分であるマグネシウムが、漬物、煮物、焼き物など、いろいろなお料理に繊細な味を醸し出します。

江戸時代から、播州赤穂の東浜塩田(ひがしはまえんでん)では「差塩(さしじお)」という"にがり"を多く含ませた塩づくりの手法(差塩製法※)を秘伝としており、当時から「赤穂の塩」として全国に名を馳せていました。

人は年を取ると血管が狭くなり血がドロッとしてきて血液が流れにくくなります。すると脳から血圧を上げよという指令が出て自律的に血圧が上がって血が流れるようになります。

ミネラルバランス塩は目にも効く
この1%ミネラルバランス塩は、目につけると、一時的に視力を回復させる働きがあります。

◆高血圧だとなぜ減塩するのか?

減塩による血圧を下げる効果は、1日に6~8g減らすと、高血圧患者の約20%の血圧は下がりますが、残りの約80%の血圧には変化が殆どありません。

それは、食塩をとって血圧が上がる体質である「食塩感受性高血圧」の方でも「塩の種類によっては全く血圧が変わらない」っという事実です。

「塩分が体に悪い」というのが通説になっていますが、塩分を制限すること自体がガン発生の原因じゃないかと疑っているんです。
塩分をたくさん摂るグループは病気知らずで、一番長命だったのです。

◆塩化ナトリウムは食塩ではありません

食卓塩は精製塩とは塩化ナトリウムが99%を占める化学物質であって、塩ではありません。

食塩ではなく塩化ナトリウムの摂りすぎが原因だった

政府が塩を専売にし、精製塩を流通させた

現在いわゆる食塩として販売されているもののほとんどが、イオン交換膜製塩法によって生成された塩化ナトリウム99%以上のものであります。

一般的な精製塩や食卓塩は純粋に近い塩化ナトリウムでして、砂糖と同じく高純度の化学合成物質です。こんな物はほとんど食品と言えず、薬品と言うべきで、砂糖同様身体に良い訳はありません。

◆味噌汁の摂取頻度と血圧には関連性なし

味噌汁は一日三回飲むくらいでは健康を害することはないということが明らかになったのです。

1日1杯程度の味噌汁のある食生活が、血管年齢を10歳程度改善する傾向が確認されました

◆昔から戦場や運動にも塩は欠かせない

いい塩であれば健康にとても欠かせないものです。お塩が不足するとミネラル不足によって、無気力、息切れ、動悸、食欲不振、低血圧、アトピーがあることをご存知でしょうか?

アレルギーの増加…
私たちの食生活で塩不足になると大腸菌いつも腐敗状態でアレルギーに罹りやすい体質になることが分かります。アレルギーの予防、改善にも、まず適塩が大切なのです。

白血病が根菜類を中心に、自然塩の熟成した味噌、醤油、梅干を増やして、塩分バランスをとることによって、確実に赤血球が増え、回復していったのです。

◆塩無しでは・・・? 塩の活用

お風呂で温まった後、塩マッサージをしてみませんか。塩のスクラブ効果で肌にたまった余分な角質を除去してくれます。

1 2