1. まとめトップ

日本に昔からある「伝統工芸」は、一体なんなのか。

I will summarize Japanese traditional crafts.動画と一緒に、日本の伝統工芸まとめます。これからも更新する予定です。

更新日: 2016年11月22日

2 お気に入り 3111 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

伝統工芸とは 〜 What is traditional crafting?〜

1) 主として日常生活で使われるもの。

伝統工芸品は、私たちの日常生活で使われるものであることです。生活用具として、
また節句や季節行事などで長い間多くの人たちによって使われ、改良されながらも、その用途やそれに使われている素材・色・紋様・形は日本人の生活様式と深く関わりながら今日に継承されています。

2) 製造過程の主要な部分が手作りであること。

伝統工芸品は、その歴史を遡りますと数百年にも前に始まるものもあります。当初は全て手作りであったと思いますが、歴史の変遷の過程で機械化が導入される工程も取り入れられています。今日では伝統工芸品は全て手作りではなくても差し支えないという事になっております。製品の特徴を形態・デザイン・品質を継承する工程は「手作り」でなければなりませんは、加工工程などで機械化することも可能とされております。

3) 伝統的技術・技法によって製造する。

伝統工芸品は、伝統的技術・技法で製造されたものでなければなりません。伝統的技術・技法とはおよそ100年以上の長きによって継承され、改良され今日に至ったものと言えます。技術や技法は長い年月の間に多くの職人によって「技術が磨かれ」、「素材や原材料の選択などの知恵・製法等の技法」が継承されてきました。伝統工芸品はこれらの技術・技法によって作られたものです。

4) 伝統的な原材料を使用している。

伝統工芸品に使われている素材や原料は、自然のものが使用されその持ち味が生かされております。これらの素材や原材料が100年以上に渡り厳選・吟味され今日に継承されているものです。

5) 一定の地域で産地が形成されている。

伝統工芸品は、地域の人達の生活と密接な関係があります。その地域で取れる素材や原料などを、その地域の気候風土や地形などから生活の知恵として作られたものや、地域文化として生まれ継承されてきました。そしてそれが地域の産業として成立・発展してきたのです。

日本の伝統工芸まとめ

山中和紙 柏木一枝氏

飛騨市河合町で鎌倉時代(約800年前)から続く伝統の手漉き和紙。
現在でも全て手作業による技法をかたくなに守り、特に雪の上で楮(コウゾ)をさらして自然漂白する工法は全国でも非常に珍しい豪雪地帯ゆえの独特のものである。天正14年(1586年)飛騨高山の城主となった金森長近はこの手漉き和紙を奨励し、角川・稲越地区などでは丈長、端不切(はしきらず)などのかなり高級な和紙を漉いていたとされている。飛騨が世界に誇る伝統工芸のひとつである。

渋草柳造窯 戸田柳造氏

現当主 6代目渋草柳造氏は独自の意匠と繊細な絵付けで新しい境地を開いています。

渋草柳造窯 戸田鉄人氏

“Modern Japanese Ceramics-Pathways of Innovation & Tradition”

渋草柳造窯 戸田柳平氏

「渋草柳造窯」は、芳国舎と同様、歴史ある窯元です。こちらは陶器に赤絵・染付け・五彩など、鮮やかな作品が特長。

...Wait a moment.

1