1. まとめトップ
  2. ガールズ

ポイントはお風呂上がり「直後」

スキンケアの効果を最大に高めたいなら、逃したくないのが「風呂上り“直後”」

大切なのは、つけた水分を逃さないこと。化粧水をつけたら間髪入れずに、油分を含んだ美容液や乳液をつけましょう

コットンでつけると肌との接触面が増し、ムラなく塗れて浸透力も高まります

実はお笑いコンビ「クワバタオハラ」の小原正子さんもコスメコンシェルジュなんだそうです

とにかく肌を乾燥させない!おうちでは鏡を見るタイミング、手を洗うタイミングで美容液を顔、首、手につける!

メイクのりもよくなって一石二鳥

お湯を注いでギュッと絞るだけで簡単にスチームタオルができるんです。しなやかな面を肌にのせて温めて軽く拭き、ガーゼ面で耳周りをマッサージして血行を促したり。メイクのノリが格段に違いますよ

脂っぽい肌は余分な角質をオフしてさっぱりと。乾燥しがちな肌にはうるおいを与えくれるから、どんな肌タイプの方でもOK

土台となる肌がふっくらと潤い、余分な皮脂はオフされているから、メイクのりもすごくよくなりますよ

一滴、手のひらに出してこすりあわせて、薄くつけるんです。プレスするようにしてつけてください。するとうっすら顔全体に行き渡り、ちょっと残っている水分とブレンドされて潤いになります

これやるだけで、メイク落ちが全然違う…!

「メイクそのものをきれいにとって、よい状態でスキンケアをしていく」ということなんですよ。キレイに落とさないといいものが入っていかないですからね

【理由】
オイルクレンジング中にこのひと手間をしないと、毛穴が汚れたままになってしまう

水を混ぜることによって白っぽく乳液化。3回ぐらい水をちょっとずつ混ぜて、オイル分がさらさらのお水みたいになると使い時!

手のひらで乳化させたら、顔全体につけてオイルを浮かせるようにやさしくなじませます

ティッシュオフの際には、ティッシュが湿っていたほうがいい!ちょっと霧吹きでしゅしゅっなんてやってティッシュをちょっとしめらせる

根こそぎとらないように、かるーく落として泡立てて洗うといい

体温よりも低い32℃前後が適温です。お湯に手を触れてみて“ほんのり冷たいな”と思うくらいを目安にしましょう

1





2ounceさん

最近はオーガニックなものにはまってます

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう