1. まとめトップ

【ババ・バンガ予言】トランプの就任前に何かが起こる【オバマが最後の大統領】

予言的中率85%のブルガリア人預言者ババ・バンガ氏が「オバマ氏はアメリカ最後の大統領になる」という言葉を残していたそうです。そのため2016年1月に予定されているドナルド・トランプ氏の大統領就任前に何かが起こるのでは?とネットでは話題になっています。バンガ予言についてまとめました。

更新日: 2017年01月02日

IToyajiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 45986 view
お気に入り追加

何度も予言を当ててきたババ・バンガ氏を知っていますか?

これまでアメリカの同時多発テロ事件や、ISIS(イスラム国)の誕生、2009年のオバマ大統領就任などの予言を的中させてきたブルガリア人預言者ババ・バンガさん(Baba Vanga、1911~1996)が「オバマ氏はアメリカ最後の大統領になる」と不吉な予言をしていたようだ。

彼女の予言の中でも特に有名なものは911のことを表していると思われる次の一節である。

「恐怖!恐怖!アメリカの兄弟は鉄でできた鳥に攻撃され崩壊する。ブッシュ(やぶ) の中から狼が吠えている。多くの無実の血が流される。」

アメリカの兄弟がツインタワー、ブッシュはブッシュ大統領を意味していると言われている。
この予言は1989年のものである。

トランプ大統領の就任前に何かが起きる可能性が!?

ババ・バンガさんは12歳の時に竜巻に巻き込まれて宙に舞い、その後地面に叩きつけられたことで視力を失い、この時に予知力を身につけたという。16歳の時から予言を始めると「バルカンのノストラダムス」「ブルガリア政府の国家機密」とも呼ばれるようになり、85歳で亡くなるまで数々の予言を残した。その予言の的中率はなんと85%で、ロシア政府も彼女の予言を信頼していたと言われている。

ブルガリアで生まれ、12歳のとき竜巻で視力を失った。

16歳のときより予言を行い、その予言を求めてヒトラーを含む多くの政治家が訪れたという。

予言のビジョンは別の次元の生物から与えられるとのことだ。
1996年に亡くなった。

その彼女がアメリカの政治に関し「第44代大統領はアフリカ系アメリカ人である」との予言を残していた。しかし彼女の言葉はこれだけでは終わらない。

「第44代大統領はアメリカ最後の大統領である。」

「経済危機により第45代大統領就任は阻まれる。景気は不安定となり、アメリカ国内は北と南で衝突が起こるであろう。」

このショッキングな予言にtwitterでの反応は?

「ドナルド・トランプの就任前に何かが起こる」 ババ・バンガの不吉な予言 - エキサイトニュース excite.co.jp/News/world_clm… バババンガって誰やねん

オバマ氏は「アメリカ最後の大統領」 ババ・バンガ氏が不吉な予言 #ldnews news.livedoor.com/article/detail… ◆あと2か月、どうなるか……。

オバマ氏は「アメリカ最後の大統領」 ババ・バンガ氏が不吉な予言 #ldnews news.livedoor.com/article/detail… これはぴったり当たっているな。トランプは、アメリカを破滅に導きそうだな。

本当に「ホント」にならなければ良いが…。 こうも毎日 様々な情報を見ていると 驚かなくなって来た。 でも…ありそうな話なんだけど。 オバマ氏は「アメリカ最後の大統領」 ババ・バンガ氏が不吉な予言 - ライブドアニュース news.livedoor.com/lite/article_d…

でも、本当に過去にたくさんの予言を的中させてきたの?

第二次世界大戦の際、いろいろな人が自分の身内の安否を訪ねそれが全て的中していたと言われている
ソビエト崩壊
スターリンの死
1985年ブルガリアでの地震
1999年~2000年頃クルスクが水中にある、世界が悲しむ
 →2008年ロシアの原子力潜水艦クルスクが沈没
アメリカの兄弟は鉄でできた鳥に攻撃され崩壊
 →2001年9月11日の同時多発テロ
2004年スマトラ島沖地震
2009年オバマ大統領の当選
2011年に放射能の影響で北半球で深刻な被害がある
 →2011年東日本大震災、原発事故

すごい、当たっている・・・

あれ?第三次世界大戦は起きてないし、2011年の放射能も戦争じゃないし

2008年:4人の元首が暗殺を計画され、インドネシアで紛争が発生する。これが第3次世界大戦の原因の1つとなる。(これは「インドネシア」ではなく「インド」が間違って訳されたのではないかいう人たちも多いようです。)

2010年:第三次世界大戦は2010年11月に始まります。それは、核兵器と化学戦争に進行します。バンガは戦争が2014年10月まで続くと述べています。

2011年:戦争の結果として、放射能により北半球のほぼすべての生活が破壊されます。残りのヨーロッパ人は化学兵器を使用するイスラム教徒からの脅威に直面することになります。

2014年:戦時中の化学物質と核兵器の別の結果、世界中で皮膚癌や皮膚病が蔓延するでしょう。

2016年:ヨーロッパは、ほぼ無人となります。

2018年:中国は新しい超大国なります。搾取者が搾取されます。

2023年:地球の軌道が変わります。

2016年になってみたら、そこまで当たっている予言ではないような・・・

2025年:ヨーロッパは依然過疎の常態です。

2028年:新エネルギー源が発見されます。飢餓が克服されます。金星に向けて有人の宇宙飛行が出発します。

2033年:極地の氷冠が溶け、世界の水のレベルが上昇します。

2043年:経済は良好です。イスラム教徒がヨーロッパを動かすこととなります。

2046年:すべての身体器官が簡単で一般的な方法で再現可能となります。

2088年:新しい病気は人を数秒で老いさせます。

2097年:ファーストエイジング病が治療されます。

2100年:人工太陽が地球の暗がりを点灯します。

2111年:人々はロボットになります。それはおそらくアンドロイドのようなものです。

だんだん予言の規模が大きくなってきた・・・

2130年 エイリアンの助けを借りて人類は水中生活をスタート
2283年 タイムトラベルが可能 異星人と接触
3005年 火星で戦争が勃発
4599年 人類が不老長寿実現
5079年 世界が終わる

もう、わけがわからないよ!!

人類に災難ありすぎ!!

でも逆に考えると、5079年までは世界終わらないってことか

予言におびえるよりも現実を生きていきましょう!

2017年はトランプ大統領のもとで新しいアメリカが始まります

予言に関するまとめ

1 2





なんにでも興味を持って調べたことをまとめています。
いまの時代、新しい言葉や概念がどんどん出てきて、すごいですね。
連絡はtwitterで @IToyajiM までお願いします