1. まとめトップ

”耳石”を刺激して老化防止! NASA直伝の”アンチエイジング”方法!!

NHKのガッテンでやってました。まさかの耳石が老化スイッチでした。非常に簡単なアンチエイジング法ですので、ぜひ実践したいです。

更新日: 2016年11月16日

24 お気に入り 21702 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

NASAが解明!老化の真実!

実は宇宙では地上の10倍老化が進むと言われています。宇宙に半年いると筋力は半分になり、骨密度の低下は、老人の1年分の変化がわずか1カ月間で起こってしまいます。そのほかにも認知機能の低下や脂質・糖などの代謝異常、循環機能の低下などなど・・・様々な悪影響が起こることが知られています。

最大の原因は「無重力」にあります。しかも無重力状態では運動をしていてもこれらの異常が起こってしまうのです。一体なぜなのか。実はその犯人は「耳」にありました。耳の中の内耳という場所にある“耳石”という器官が影響していたのです。

NASAの研究で、「無重力状態→耳石が機能低下を起こす→老化が進行」という事実が判明しました。

なんと耳石が老化スイッチだった!

老化を加速させる「老化スイッチ」なるものが、人間の耳にあります。ポイントになってくるのが、耳の奥にある耳石(じせき)と呼ばれる部分。この耳石が、筋力低下や骨密度の低下などといった老化現象と深く関わっているんです。

そもそも耳石とは?

耳石は、ゼリーのようなものに包まれた、たくさんの毛の上にのっています。この耳石、わかりやすくいえば、重力を感知する装置。体が傾くと、重力に毛がひっぱられ、耳石が倒れます。すると、その振動が脳に伝わり、それによって体の傾きを知ることができるという仕組み。この耳石が左右の縦と横についているおかげで、私たちは前後左右とあらゆる傾きを感知することができます。

老化を進める悪い習慣とは?

実は近年、無重力と同じような悪影響を体に及ぼす「ある習慣」が明らかになってきました。それは「座り続けること」。なんと、1時間座ると22分寿命が縮むという研究結果もあります。

ほかにも、がんのリスクが上がったり、骨密度の低下、代謝異常、認知機能の低下、循環機能の低下・・・などなど、様々な悪影響があることが明らかになってきました。まさに無重力と一緒です。いったいなぜこのようなことが起こるのでしょうか。

実はこれも耳石に大きな原因があると考えられています。無重力状態では、耳石は浮かんだような状態で動きません。一方、座り続けているときも耳石はあまり動きません。実はこの「耳石が活発に動かないこと」が大問題なのです!

耳石は全身の筋肉や自律神経(内臓や血管をコントロール)とつながっています。そのため、耳石が活発に働くと、筋肉の活動がよくなるだけでなく、心臓などの働きも良くなって血流が活発化。コレステロールや糖の代謝もよくなります。

一方、耳石があまり動かないと・・・全身の筋肉や自律神経の働きもおとえろえ、筋力の低下や循環機能低下、代謝の異常など様々な悪影響が起こると考えられています。

NASA直伝のアンチエイジング方法とは?

NASAが推奨するアンチエイジング術は非常に簡単。30分に1度立つようにすればOK。たったこれだけで、若返り効果(老化の進行を遅らせる効果)が期待できるとのこと。

NASAの研究では一日に32回立ち上がる人が一番病気になりにくい。ということは30分に1回という計算になる。

実は「立ちあがる」という動作は、頭が前後左右上下に動くため、耳石を効率的に動かすことができるのです。

座り続ける時間が長い人に30分に一度立ち上がるという行動を2週間続けたところ、中性脂肪が15%、悪玉コレステロールが5%減少し、善玉コレステロールが11%増加したという検証結果も出ました

座っている時間が長い方は、ぜひ30分に1度は中断して立ちあがってみてください!

1