1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

▼ ハト時計っていいですよね。クルッポー。

◇ うでハト時計

鳩時計らしく毎正時に鳩が飛び出し、チャイムを鳴らしてくれる。さらに、アラームを設定しておくことも可能。当然、設定時刻になるとチャイムとともに鳩が飛び出す。

当然、設定時刻になるとチャイムとともに鳩が飛び出す。丑三つ時に「ポッポー」とか鳴かれると眠れないし怖いので、深夜から朝7時まで鳩に寝てもらうスリープモードも備える。

デザインはシャープでスタイリッシュな仕上がり。ハトの見た目もロボットっぽくて、手放しにかわいいというわけではないのだけど、このデジタル感とアナログ感の融合にジワジワきちゃいます。

◇ シンプルな筒状のハト時計

従来の鳩時計のように家の形もしていなければ、派手な装飾もついていません。

これは、実際に鳥たちが住処としている「木」を再現しているとのことで、壁に飾るとまるで木の幹から鳥が覗いているように見えます!

もちろん、昔ながらの鳩時計と同様に、1時間ごとに青い鳥が顔を出し、美しい音色を歌いながら時を告げてくれるそう。

◇ 虹色のモダンなハト時計

ハト時計というとクラシックなつくりかミニマルなデザインのものがほとんどですが、こちらは7色のストライプが鮮やかな「モダン鳩時計」になります。

あえて小さな窓で見せる振り子も印象的。楽しげなコーディネートをしてみたい方にいかが?

◇ 2匹いるハト時計

1羽は時計の「お家」の中にいて、もう1羽は外に。まるで夫婦のように出かけて行ったパートナーを待ちわびているかのよう。時間になれば、お留守番をしていた鳩が中から出てきて、お出迎えをしてくれます。

◇ ミニマルな置きハト時計

森の中のせせらぎを思わせる効果音とともに、ピースな小鳥さんが毎時ちょうどを「くっくー♪」とお知らせしてくれます。やばい。これは萌える。

背面にはモニターボタンと 鳴き声の音量を2段階で調節できるスイッチが付いているので、 いつでもお好みの音量で小鳥の鳴き声を楽しめます。またセンサー付で夜は鳥もお休みするので安心です。

もとい、鳩時計らしからぬスタイリッシュな出で立ち。まさにモダン鳩時計。

◇ 絵になりすぎるハト時計

1 2





hakyunaさん

おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものを。