1. まとめトップ

債務整理したいけどどうすれば?弁護士事務所に相談してみて!

過去にできた借金が膨らんでしまい、どうにもならない方はテレビなどでよく紹介されている債務整理について真剣に考えたことがあるはず。ですが、債務整理と一言で言っても様々な種類があることをご存じでしょうか。

更新日: 2016年11月18日

syakkinさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 301 view
お気に入り追加

債務整理には 1)過払い金返還請求、2)任意整理、3)自己破産、4)個人再生の4種類があります。 それぞれの方法にはメリット・デメリットがあります。

それぞれにはメリットもあればデメリットもあり、人それぞれに合った手続きを選んだ方がお得なんです。
これから債務整理を行おうと考えている方は、ぜひご参考になさってみてくださいね。

まず、債務整理とは借金を減額する手続きのことで、これにより月々の利息負担から解放されると同時に場合によれば完済できるなどのメリットがあります。
ですが、債務整理の手続きは複雑で、一般的には弁護士などに相談して行ってもらうことが多いです。
弁護士などが代理人となり手続きを行って、借金を整理してもらうのです。

正直、債務整理の弁護士費用は相場はあってないようなものです。
上記で上げた金額も債務者の状況によってはかなり上下してくると思います。
ですから、弁護士へ依頼する際は、きちんとWEBサイトなどで金額を明記している弁護士事務所を選ぶのが鉄則となります。

しかし個人再生や自己破産に関しては債務者の状況に大きく左右され、個人再生費用は○○万円、自己破産費用は〇〇万円と言い切れないことが多く、明記しない弁護士事務所がほとんどです。

現在の日本では約300万人が借金で苦しんでいると言われており、その人達の中には借金を苦にして自殺したり、夜逃げしたりするそうです。
最近ではテレビやラジオなどでそういった債務問題を軽減する方法があることが知られてきました。
それでも、弁護士などに相談して手続きを依頼する人はまだ少ないとされています。

なお、債務整理の際にかかる費用は一般的に弁護士や司法書士などに支払う報酬の他に、自己破産や個人再生などは裁判所に納めるお金が必要になってきます。
報酬は仕事を契約する際に支払う着手金の他に、債務整理がすべて完了した後に支払う報奨金などがあります。
弁護士や司法書士への報酬は仕事を契約する際に支払う着手金や、債務整理が完了した後に支払う報奨金があります。

●借金の怖さから開放される。

●精神的に追い込まれなくなる。

●以前までの普通の生活に限りなく近づける。

●少しづつプライベートも取り戻す事ができる。

●気持ちを切り替えるきっかけになる。

●給料から借金が引かれない。

●未来が見えない状態から開放される。

こういった費用が支払えない・・という場合にはどうすればいいのでしょうか。
弁護士事務所では電話や窓口での法律相談や、債務整理の手続きにかかる報酬の立て替えなどを行っているところもあります。
3年をめどとして、分割で後払いが可能となっています。

なので、もし債務整理を行いたいのに費用面で無理だという方は、まずは弁護士事務所に相談すればいいでしょう。
さらに、弁護士事務所によっては無料で債務整理の相談などをおこなっているところもあるので、費用面も含め債務整理に強い弁護士事務所を探して相談してみてはいかがでしょうか。

いかがだったでしょうか。
債務整理したいけれど費用面が・・という方は、ぜひ弁護士事務所が立て替えてくれる制度もあるということがお分かりになっていただけましたか?
ただ悩んでいても仕方ありません。
ぜひ、一度相談してみることをおすすめします!

1





syakkinさん


まとめ参加者(0)



  • 話題の動画をまとめよう