1. まとめトップ

ハリウッド実写版「攻殻機動隊」...スカヨハが演じる”少佐”に期待の声が!

ハリウッド版「攻殻機動隊/GHOST IN THE SHELL」の来春公開に先がけ、予告PVが解禁されました。主演の少佐を演じるスカーレット・ヨハンセンのアクションシーンも公開され、その出来栄えに楽しみとの声があがっています。*4/7日本公開スタートしました。

更新日: 2018年08月13日

2 お気に入り 16818 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tokiokakeruさん

★世界中に多くのファンがいる「攻殻機動隊」シリーズ

1995年11月18日公開。監督は押井守。漫画第1巻を基に制作されている。アメリカのビルボード誌(1996年8月24日付)ではビデオ週間売り上げ第1位を記録するなど海外で高い評価を受けた。

押井守さんによる『GHOST IN THE SHELL』『イノセンス』や、神山健治さんによる「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(S.A.C.)」シリーズ、黄瀬和哉さん、冲方丁さんによる「ARISE」シリーズと、何度も劇場アニメやTVアニメ化を果たしてきた人気作だ。

脳以外は全身義体の世界最強の少佐率いるエリート捜査組織公安9課、通称“攻殻機動隊”の奮闘を描く物語。

士郎正宗による原作は、『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟に影響を与えた作品で、スピルバーグも大ファンだと言われています。

原作はあの「マトリックス」の製作者にも多大な影響を与えた

★そして「攻殻機動隊」シリーズ初となるハリウッド版実写映画『GHOST IN THE SHELL』の公開日が、2017年4月に決定!

実写版のタイトルは「GHOST IN THE SHELL ゴースト・イン・ザ・シェル」。日本での公開は2017年4月の予定で、配給は東和ピクチャーズ。

★併せて「ゴースト・イン・ザ・シェル」の予告編・第一弾が公開!

ハリウッドで実写化された『ゴースト・イン・ザ・シェル』のトレイラーがいよいよ公開された。スカーレット・ヨハンソン主演の今作は、アクションが満載のスタイリッシュなものに仕上がっているようだ。

監督は「スノー・ホワイト」のルパート・サンダース

あの有名な冒頭のビル落下シーンも、眼下に広がる道路群から素子の体の動かし方までしっかり再現されているのがわかります。

予告編にはスカーレット・ヨハンソンが演じる「少佐」の戦闘シーンほか、ビートたけしが演じる「荒巻大介」、ピルウ・アスベックが演じる「バトー」といったキャラクターが登場します。

「少佐」こと草薙素子を演じるスカーレット・ヨハンセン

1 2 3