1. まとめトップ
  2. おもしろ

Twitterで見かけた『地味に怖い…(汗)』ってなる話がジワジワくる

色んな意味で鳥肌が立ってしまう話を集めました。。

更新日: 2016年12月05日

271 お気に入り 794057 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

justastarterさん

◆タイトル『コスプレイヤーの正体』

今朝聞いたゾッとした話 妹が知らないレイヤーさんのTwitterスクショを見せてきて「この人知ってる?」と聞いてきた、プロフ見た感じジャンル被ってないしもちろん見たこともない人。 「知らない誰?」と聞いたら「前に担任だった人なんだけど、クラスのグループラインに流れてきた」と…

「クラスの子が特定したらしくて、今みんなアカウント知ってるよ、呟きも普通に見れるからクラスの子達笑ってた」と言ってたんで職業が教師のレイヤーさん悪いことは言わん…鍵かけた方が良いのでは…?

@natujj3 色々恐ろしすぎて「なにそれこわい」しか言えなかったぞわたし…なにそれこわいbotになるしかなかった まぁ妹は自分の姉がレイヤーだし、そもそも他人にそんな興味を持たないので完全スルーしてるそうな、「そんなことより雪見だいふく食いたい」って言ってた、買ってこいってか

◆タイトル『薬』  【2選】

効く薬と効かない薬があります…

ADHDか自閉症スペクトラムか統合失調かどれかの薬飲んだ人が「頭の中が静かすぎて気持ち悪い……健常者はこんな世界で生きてるのかよ……」って言ったのを思いだすとこわい

薬局で聞いた一番のパワーワードは「あっ! ぼくが治験参加したけど有効性が認められなかった薬が健康食品枠で売られてる!」ですかね

◆タイトル『娘のひとりごと』

なに喋ってんの…(汗)

「父が今、家に帰ってきた。かれはまだ、夕食をとっていない。しかし、母はもう皿洗いを終えた。彼女は、すでに彼女の部屋に行ってしまった」と娘がひとりごとを言っています。どうやら宿題の英文和訳らしいです。怖いな現在完了形。結婚生活も人生も何もかも完了しちゃいそうで怖いな現在完了形。

◆タイトル『娘からの手紙』

幼稚園の娘から手紙をもらったのだが、「パパだいすき、いつもありがとう。パパくさいからちかずかないでね」という、前段と後段で趣旨が矛盾する内容だった。

◆タイトル『Google翻訳』

流暢な日本語訳だったので油断してたけど、なんか書かれてる内容に違和感があって原文確認したら誤訳の山で、結局ほぼゼロから訳し直したことあった。文法を完全無視して理解できた単語からキレイな文章を適当に作った感じ。綺麗な誤訳はマジ害悪。そういう意味ではGoogle翻訳の進化は逆に不安

これは怖い…

◆タイトル『山手線にて…』

電車の中で、捨てられた空き缶がコロコロ転がっている光景はよく見かけるけど、今山手線の中で、持ち主不明の三泊四日できるくらいデカいキャリー バックがあっちにコロコロ、こっちにゴロゴロしているのは、結構怖いものがある。

◆タイトル『花言葉』

気になってる人から突然意味を教えてもらった…

親に花の名前を付けて貰ったんだけど、気になってる人から急に「お前の名前の花言葉知ってる?」って連絡がきたから、こんな最高な出来事が起こるなんて両親ありがとう!って感謝しながら「知らない!何ー?」ってウキウキ聞いたら、「孤独と裏切り」って言われて真顔が止まらない。孤独と、裏切り⋯。

◆タイトル『自尊心を保つ女性』

「彼氏にフラれたら、適当な男に優しくし、男がその気になって告白してきたら断って、自尊心を保つ」っていう女友達の話が怖すぎて忘れられない。

◆タイトル『ラブホで泣いている女性』

廊下の監視カメラの映像を見ていると 「今なんか女の影なかった!?」ということが御座います 大抵男性と喧嘩をした女性が泣いております パニック状態なので、対処に困り、人間の方が怖いなーと思うこともしばしば 話を聞いてあげるとたまにアドレスを渡されますが怖くてメール出来ません

1 2 3 4