借地借家法36条(居住用建物の賃貸借の承継)

1. 居住の用に供する建物の賃借人が相続人なしに死亡した場合において、その当時婚姻又は縁組の届出をしていないが、建物の賃借人と事実上夫婦又は養親子と同様の関係にあった同居者があるときは、その同居者は、建物の賃借人の権利義務を承継する。ただし、相続人なしに死亡したことを知った後一月以内に建物の賃貸人に反対の意思を表示したときは、この限りでない。

2. 前項本文の場合においては、建物の賃貸借関係に基づき生じた債権又は債務は、同項の規定により建物の賃借人の権利義務を承継した者に帰属する。

出典借地借家法第36条 - Wikibooks

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【民法・相続 3】 相続の効力 総則 論点 まとめ

相続の効力・総則に関する論点をまとめました。司法試験、司法書士試験、行政書士試験、公務員試験の対策や、法律問題や相続手続きのトラブルシューティングにお役立て下さい。

このまとめを見る