豊臣家が滅んだ大阪の陣においては、大砲が活躍したいわれていますが、何キロも離れたところから撃っているため、滅多にあたらなかったという話を聞きました。

そこで質問なのですが、徳川方のその滅多に当たらない大砲は、何発、天守閣などの建築物に命中したのか記録が残っていますか?

出典大阪の陣で城に命中した砲弾数について - 歴史学 締切済 | 教えて!goo

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【ヒストリア】大阪冬の陣。淀殿の大阪天守閣を襲ったガルバリン砲撃(英国製)

戦国時代の生き残りである徳川家康は真田丸での失敗の反省を踏まえ全力で大阪城を攻め落とす戦略を転換します。 まずは大阪城が北寄りに作られていることに目をつけます。そして・・・・・その北側から大砲を打ち始めます。イギリスから到着した「ガルバリン砲」による無慈悲な砲撃がその後の運命を大きく変えるのでした。

このまとめを見る