この砲撃では国友製3貫目の大砲が用いられており、また6月頃にイギリスより購入したカルバリン砲4門、セーカー砲1門や7日前に兵庫に到着したカノン砲(オランダ製4・5貫目の大砲)12門も含まれています。
カルバリン砲は砲身長3mを超える長い射程の中口径砲ですが、 主力にしたのは小口径だが同じくらいの砲身長をもち更に射程距離の長い国産の芝辻砲でした。
芝辻砲は暴発を恐れてか非常に肉厚の鍛造砲で、重量があったのですが、 家康は堺だけで戦役前の10年間に1000門ほどを発注しています。
大坂の陣以前の記録にも、小田原包囲で用意した大筒1000門がありますが、恐らく大鉄砲の類も含めた数だったようです。

出典大坂冬の陣で使われた大筒の入手経路や威力は? ( 写真 ) - カメラとビデオを棒にくっつけて - Yahoo!ブログ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【ヒストリア】大阪冬の陣。淀殿の大阪天守閣を襲ったガルバリン砲撃(英国製)

戦国時代の生き残りである徳川家康は真田丸での失敗の反省を踏まえ全力で大阪城を攻め落とす戦略を転換します。 まずは大阪城が北寄りに作られていることに目をつけます。そして・・・・・その北側から大砲を打ち始めます。イギリスから到着した「ガルバリン砲」による無慈悲な砲撃がその後の運命を大きく変えるのでした。

このまとめを見る