たったいまめでたく婚約したばかりのカップルが墓地の中で、幸せにはちきれそうな胸のうちを歌いだす。ブラッド(バリー・ボストウィック)とジャネット(スーザン・サランドン)の二人である。その二人を、意地悪くスライドに映して眺める人物があった。このドラマの狂言廻しである犯罪学者(チャールズ・グレイ)だ。さて愛のカップルは、激しい雷雨をついて婚約を恩師に報告に向かうが、あまりの激しい稲妻。怖れおののく二人の眼の前には巨大なフランケンシュタインの城がそびえ立っていた。電話をかりられれば、と期待を抱いてその城に招き入れられた二人、案内人は世にも怖ろしい形相のセムシ男リフ・ラフ(リチャード・オブライエン)だった。城内は、トランシルヴァニア人なる多彩なゲストを招いて時あたかもダンス・パーティの真最中。リフ・ラフとその妹のマジェンタ(パトリシア・クイン)、そして男装まがいの娘コロムビア(リトル・ネル)、まるで気狂い屋敷のようなこの城から一刻も早く退散しようとした二人は、異形の黒マントの怪人でこの城の主、気狂いドクターのフランクフルター(ティム・カリー)に押し止められてしまう。

出典ロッキー・ホラー・ショー | 映画-Movie Walker

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

キング・オブ・カルト映画!! 「ロッキー・ホラー・ショー」の魅力

「ロッキー・ホラー・ショー」…■監督ジム・シャーマン■原作リチャード・オブライエン ■出演ティム・カリー バリー・ボストウィックスーザン・サランドン リチャード・オブライエンジョナサン・アダムス ミート・ローフチャールズ・グレイ パトリシア・クイン

このまとめを見る