1. まとめトップ

マタニティマークどこでもらえるの?入手方法まとめ

母子手帳発行時に自治体でもらえなかったため、マタニティマークを入手できる方法をまとめてみました。

更新日: 2016年11月28日

4 お気に入り 153905 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ayakxさん

マタニティマークとは?

妊娠初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためにもとても大切な時期です。しかし、外見からは見分けがつかないため、「電車で席に座れない」、「たばこの煙が気になる」など妊婦さんにはさまざまな苦労があります。

妊婦さんが交通機関等を利用する際に身につけ、周囲に妊婦であることを示しやすくするものです。また、交通機関、職場、飲食店等が、呼びかけ文を添えてポスターなどとして掲示し、妊産婦さんにやさしい環境づくりを推進するものです。

いつもらうもの?

かかりつけの産院で妊娠届をもらい、自治体の子育て担当窓口に提出すると母子手帳が交付されます。この時一緒にマタニティマークが配布される事が多いようです。

マタニティマーク、どこでもらえるの?

1.まずは自治体

多くの自治体では母子手帳配布の際、一緒にマタニティマークを配布しています。自治体によって地名が入っているもの、自治体オリジナルのものなどもらえるマタニティマークは様々です。

※各自治体の取組み状況により、配布していない場合もあるようです。

2.駅事務室でももらえます

妊産婦の方を対象に、マタニティマーク(ボールチェーンタイプ)を差し上げています。
【配布箇所】
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県内の全駅(無人駅を除く)、熱海駅、伊東駅の駅事務室

JR東日本や、

東京都交通局では、妊産婦の方にマタニティマーク(直径約5cm、ボールチェーンタイプ)を差し上げています。ご希望の方は、都営地下鉄各駅及び日暮里・舎人ライナー日暮里駅の駅長事務室にお申し出ください。

都営地下鉄・舎人ライナーの東京都交通局、

妊産婦の方を対象に、東京メトロ各駅の事務室でマタニティマーク(ボールチェーンタイプ)を差し上げています。

東京メトロでも。

雑誌の付録にもついています

妊娠が分かって最初に購入したという人も多い「初めてのたまごクラブ」。どの号も必ず付録としてマタニティマークがついてきます。

こんなもらいかたも

もちろん販売もしています

ハンドメイド作品なら、妊婦生活も楽しくなりそう

1 2