1. まとめトップ

つら〜い不眠症の原因と眠る方法は?

眠れない日が続くと、つらいですよね。それは、不眠症かもしれません。不眠症の原因と眠る方法についてご紹介していきます。

更新日: 2016年11月25日

7 お気に入り 11280 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mymy00さん

毎晩、なかなか眠れない!!

眠れないとつらいですよね。

▼不眠症とは?

こんな症状がある方は、不眠症かもしれません。

不眠症とは、夜寝つきが悪い・何度も目が覚める・朝早く目が覚める・眠りが浅く十分眠った感じがない、などの症状が続く睡眠障害のこと。
日中に眠気が襲ったり、注意力の散漫・疲れなどの体調不良を引き起こしたりします。
不眠症の症状が重度になると、精神的苦痛から精神障害・うつ病となることもあります。

1.入眠障害
床についても、30分~1時間以上眠りにつけない
2.中途覚醒
いったん眠りについても、翌朝起床するまで夜中に何度も目が覚める
3.早朝覚醒
起きる予定の時間の2時間以上前に目が覚め、その後眠れない
4.熟睡障害
眠りが浅く、睡眠時間のわりに熟睡感が得られない

▼辛い!不眠症原因とは?

不眠症の原因は様々ですが、どのような原因があるのでしょうか?

不眠症になる原因として多いのは、ストレスです。
ストレスが溜まってしまうと、ドーパミンの増加・レム睡眠の増加を引き起こします。
これらの増加によって、脳が正常に睡眠できなくなるのです
ストレスという心の要因以外にも、不眠症となってしまう原因があります。
心の要因も合わせて、全ての要因を見てみましょう。

4.生活習慣要員
アルコール、ニコチン、カフェイン、医薬品の副作用、運動不足

▼不眠症が寝る方法

自分にあった寝る方法を試してみましょう。

ストレスを感じる不眠症なら瞑想を。

<必要なもの>
・タイマー(スマホでOK)
・椅子やリラックスして座れる場所

初心者さんなら、タイマーを5分かけて、深く深呼吸をするところから始めましょう。鼻から大きく呼吸をするイメージです。慣れてきたら、薄く目をつぶりましょう。不思議と何もしない時間が長く感じますが、慣れてくると長く瞑想ができるようになります。
5分からスタートして、慣れてきたら時間を伸ばしましょう。10分、30分程度(自分ができる時間内で大丈夫)を眠る前の習慣にしましょう。不眠症が軽減されます。

単純な飽きることを繰り返そう

たとえば、
同じ文字を何度も書いてみる。

昔やりましたよね。漢字の書き取り。
あるいは英語の書き写し。
鉛筆でノートの書き写し

何度も同じことを書いているうちに
ふぁあ、眠い!って思いはじめて…そのままぐっすり眠ることができます。

最初はよ〜し、やるぞ!と思っていても、だんだんに飽きてきて
なぜか眠くなってきます。

リラックスできるアロマの香りをたく

アロマの香りにも、リラックス効果を期待することができます。それぞれの香りにはそれぞれの効能があるため、アロマを選ぶときには、その効能と自分が快適だと感じるかの2点を基準に選ぶようにしましょう。

1 2