1. まとめトップ

【家を高く売る5つのコツ】できるだけ希望価格で売却したい!家を売りたい人必見!

「家を売却したい、できるだけ高く売りたい」転勤や離婚、別居、年老いた親との同居などで手放すことになるケースは多々あります。しかし昨今の不景気でマンションの値段は下回っていくばかり・・、だからこそ「家を高く売るコツ」を知ることが大切!

更新日: 2016年11月23日

andochanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 2071 view
お気に入り追加

家を高く売るためのコツがあるって本当?

「家を売却したい、できるだけ高く売りたい」

一生に一度の買い物とも言われる家ですが、転勤や離婚、別居などの家族問題、年老いた親との同居などで手放すことになるケースは多々あります。

しかし昨今の不景気でマンションの値段は下回っていくばかり・・、

だからこそ「家を高く売るコツ」を知ることが大切なんです!

ちょっとした工夫ができるかどうかで売却金額が数百万単位で変わってしまうこともあるんです。

【家を高く売るコツ】①まずは家の相場を知る

家の適正相場を知らずして、家の売却に成功はない

出典http://家の売却ガイド.com/

インターネットの不動産サイトをちょちょいっと調べるだけで、相場は5分かからず把握できます。

「土地総合情報システム・不動産の取引価格情報提供制度(国土交通省)」を利用してみてください。売却しようとしている土地・家の所在地を選べば、近辺で実際に取引された金額を見ることができます。WEB上で一覧することもできます

ひとつの会社にだけ査定して貰って、その会社にそのまま頼むことだけは絶対に避けた方が良いです

【家を高く売るコツ】②複数の不動産業者の査定を受ける

家を売るときには1社だけではなく複数の業者に査定してもらうのがベストです。
一番の理由は、依頼する不動産会社によって査定額が異なるからです。

売却するならいくら位が妥当なのかは、不動産業者に査定を受けることでより細かく知ることができます。土地の金額、そして家の価値は、現地を確認しなければ詳細にはわかりません。大手不動産業者と地元密着型不動産業者の複数社の査定を受けてみてください。眺望が良い・買い物などの利便性が高い・家の状態が良いならば、思ったよりも高い金額を提示してもらえるはずです。

【家を高く売るコツ】③仲介業者は大事なパートナー!相性の良い営業担当を選ぼう

合わない人だと、やりとりのたびにストレスがたまることに!失敗できない問題だからこそ、人選も大切です。

家を売却するにあたって、不動産業者に仲介を依頼すると、担当の営業マンが決まります。
実際の実務のほとんどは、この営業マンが当たります。

この営業マンの能力も、家を高く売るためにはとても大事です。
能力の低い営業マンでは、家はなかなか売れません。

しかしこの営業マンの能力は、事前に知るのが難しいですよね。

一つの不動産業者にもたくさんの営業マンがいますから、
どの営業マンに当たるかはその時になってみないと分かりません。

そこで必要なのは、複数の不動産業者に査定を依頼し、
実際に営業マンに家に来てもらって、直接会うことです。

面と向かって話をすれば、営業マンの能力はある程度予測できるからです。

それからもちろん、営業マンと「相性が合うか、合わないか」も大切です。

営業マンは、家が実際に売却されるまでの数ヶ月間、
パートナーとしてつき合っていく存在です。

相性(性格)が合うか合わないかは、思いのほか重要になります。

出典http://家売る.com/check/tyuukai-gyousya.html

【家を高く売るコツ】④最初に設定する価格は高めにする

これは主に売出し時に決定する売出価格のことを指します。売出価格は、物件情報や広告上でも掲載される項目なので、物件の印象を大きく左右します。少しでも高く売却したい場合は、最初に設定する売却価格を高めに設定しましょう。
ただし、押さえておくべきことが2つあります。ひとつはあくまで相場の範囲内に収めることです。相場を超えた価格になると、買い手が候補から外す可能性が高くなるため危険です。不動産会社のアドバイスを受けながら、相場の範囲内で高く設定するようにしましょう。

【家を高く売るコツ】⑤内覧日!家はすみずみまで綺麗にしておく

売却が決まってからでないと引越しができないという方が大多数だと思います。一般的に空室状態の方がポイントが高いと言われていますが、綺麗にしていれば入居状態の方がいろいろと工夫ができ、好条件で売却できる可能性が高まります。
入居状態だと家具などが置いてあるため、買い手が購入後のイメージをしやすいのだ。
しかし、部屋が汚ければマイナス評価。
大事なのは買い手の第一印象だ。少しでも高く買ってもらうための工夫を怠けてはいけません。

一番注目されるのがトイレ・キッチン・お風呂場などの水回りです。
手入れが行き届いていないと一番汚れやすい箇所ですね。

住みながら売りに出す場合は家具の配置にも気を配りたいところです。

ダイニングテーブルやソファー、タンスなど家具が置かれている部屋は、
どうしても部屋が狭く感じられます。

少しでも部屋を広く見せるためにも、見学者が出る前に配置を工夫しておきましょう。

1





andochanさん

こんにちわ☆読んだらワクワクできるようなまとめ記事を作って生きたいと思います♪