1. まとめトップ

何度見ても面白い!日本のタイムスリップ映画まとめ!

時空を超えたタイムスリップ映画の定番と言えば「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ですが、邦画にも面白いタイプスリップ作品があるんです。

更新日: 2017年06月10日

5 お気に入り 23585 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

☆サマータイムマシン・ブルース

◎2005年

◎監督
本広克行

◎キャスト
甲本拓馬:瑛太
柴田春華:上野樹里
新美優:与座嘉秋
小泉俊介:川岡大次郎
石松大悟:ムロツヨシ

突如目の前に現れたタイムマシン! 「とりあえず昨日に行ってみる?」SFをまったく理解しないSF研のメンバーが引き起こすタイムパラドックス・トラブルのドミノ倒し!

「サマータイムマシンブルース」 瑛太主演のタイムスリップコメディ。 今ほどの人気がない頃の上野樹里、真木よう子、ムロツヨシなども出演。 とにかく伏線の嵐w 壊れたエアコンのリモコンを取りに明日にタイムスリップしてからあれよあれよと計13回もタイムスリップww 最後のオチも素敵です

映画『サマータイムマシンブルース』鑑賞。 タイムスリップもの、完全初見なのに伏線がかなりわかりやすい。 後半の伏線回収めちゃくちゃ面白い

サマータイムマシンブルース見るの10回目くらいだけども何度見ても面白すぎる。

☆戦国自衛隊

◎1979年

◎監督
斎藤光正

◎キャスト
伊庭義明:千葉真一
三村泰介:中康次
県信彦:江藤潤
森下和道:速水亮
菊池弘次:にしきのあきら

自衛隊の一個小隊が、日本海沿岸の集合地点に向かっていた。突然、巨大な光の渦とともに異変が起こり、彼らは群雄割拠の戦国時代である400年前にタイムスリップしてしまう。

映画 戦国自衛隊 タイムスリップものとしては、予想外の衝撃的な展開と終わり方だった。戦国武将と自衛官のおじさんが仲良くなってキャッキャウフフとはしゃぎまくっているシーンがおかしかった。

戦国自衛隊って、日本のSF(アニメ以外)でほぼまともに作られた作品な気がする。 日本で作った映画なのにSFかつエンタメかつ軍隊(違うけどさ)が出てきて、しかも面白い。

BS-TBS映画「戦国自衛隊」を見てました☆〟 戦国武士と自衛隊………ヘリや戦車、機関銃で合戦。 武田信玄公との戦いで、刀で戦い最後は銃にて撃ち取る! 漢がギラギラしててドギツイけど、なんか、なんか、見てしまいました。 曲も面白いし、凄い映画だなぁ~

☆バブルへGO!! タイムマシンはドラム式

◎2007年

◎監督
馬場康夫

◎キャスト
下川路功: 阿部寛
田中真弓:広末涼子
宮崎薫: 吹石一恵
高橋裕子:伊藤裕子
田島圭一:劇団ひとり

経済破綻の危機に瀕した現在(2007年)の日本を救うため、財務省の下川路が打ち出したのは、過去を遡ってバブル崩壊を食い止めるという驚愕の作戦!

タイムスリップ物の映画は楽しいなwww バブルへgo タイムマシーンはドラム式を見る ぶっ飛んだ内容で笑えるwww とりあえず広末涼子は天使

「バブルへGO」を観たら、普通にタイムスリップものとして面白くて驚いた。やり過ぎ感に溢れた終わり方も好みだし、予想以上に楽しめて満足だった。

同じく面白い邦画で挙げた「バブルへGO」。これはタイムリープものにありがちな「歴史を変えたらいけない」ってことをハナっから否定してるのがいい。歴史を変える為に過去に行くのだ。途中の逡巡などカケラもなく、清々しいぐらいに歴史を変えてしまう。迷いなくキレがいい映画だ。

☆地下鉄(メトロ)に乗って

◎2006年

◎監督
篠原哲雄

◎キャスト
長谷部真次: 堤真一
軽部みち子:岡本綾
お時: 常盤貴子
小沼佐吉:大沢たかお
野平啓吾:田中泯

いつもと同じ会社からの帰り道。地下鉄を降りて駅の階段を上がると、そこはオリンピック開催に沸く昭和39年の東京だった―。突如訪れた、現実とも夢とも信じがたいタイムスリップ。恋人とともに過去へ戻り、そこで若き日の父とその恋人お時出会う。

地下鉄(メトロ)に乗って 観た。タイムスリップものは、記憶を戻してあげたくて、でもそれをしちゃいけなくて、はぁせつないってなるよ。この映画でもやっぱり堤さんは良い役者さんでした

「地下鉄(メトロ)に乗って」を観ました。前知識ゼロだったのですが、予想外に心にぐーーーっときて泣いてしまいました。すごく好きな感じの映画。

続いて2本目「地下鉄(メトロ)に乗って」。 まさかのタイムスリップものだったが、昭和レトロの質感満載で素敵。 縁や親子をテーマにして、心に染みるストーリーでした。 ラストで号泣してしまったよ。。 好きな人の幸せを願うことが愛。 pic.twitter.com/6g66cx0y6I

☆時をかける少女

◎2006年

◎監督
細田守

◎キャスト
紺野真琴:仲里依紗
間宮千昭:石田卓也
津田功介:板倉光隆
芳山和子:原沙知絵
藤谷果穂:谷村美月

高校2年生の紺野真琴はある夏の土曜日の実験室で不思議な体験をし、それ以来時間を跳躍するタイムリープの力を身につけてしまう。はじめはそれを巧みに利用して日々を楽しんでいた彼女だが…

時をかける少女はまじで面白い 恋愛要素とタイムスリップ要素とか 俺得でしかない。

今更ながら録画してた時をかける少女見たけどさ 何この神映画 ボロ泣きなんだけど

「時をかける少女」 細田守監督。爽やかで、切ない恋愛ストーリー。この作品について何か作風や内容などをあれこれ言うつもりはありません。見て。とにかく見て。そしてこの作品を通してアニメ映画って面白いな!って思っていただきたいです。 pic.twitter.com/H2DeeO0NWA

1 2