1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ロシアがミサイル配備に哨戒ヘリコプター…日ロ関係はどうなるの?

北方領土の国後島と択捉島にロシア軍が最新鋭のミサイルシステムを配備…プーチン大統領の訪日が近づく中で、ロシアの狙いとは?対する安倍首相の動きが気になります。

更新日: 2016年11月23日

3 お気に入り 15326 view
お気に入り追加

ロシアが択捉島と国後島に新型ミサイル配備した

軍の部隊が駐留している北方領土の択捉島と国後島に、地上から艦船を狙う新型の地対艦ミサイルをそれぞれ配備したということです。

いずれも沿岸防衛に利用され、海上から接近する艦船などへの攻撃に使われる。

、配備されたのは地対艦ミサイル「バル」(射程130キロ)と「バスチオン」(射程300キロ)。これらの最新鋭ミサイルが北方領土に配備されたのは初めてとみられる。

北海道道東のほぼ全域が含まれる。現地に展開している部隊が、実弾を使用した訓練の準備を進めているという。

これに対して日本政府は…

領土問題を解決して平和条約を締結するのは、戦後71年たった今日まで続く日本外交にとって最大の課題の1つで、ぜひ前進させたいと強く思っている

さらに、ロシアのヘリコプターが尖閣諸島沖の上空を飛行する

1機が同日午後、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領空付近を飛行したため、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと発表

領空侵犯はありませんでしたが、この哨戒ヘリコプターが尖閣諸島の付近で確認されるのは初めてで、防衛省は飛行の目的を分析

このロシアの行動にネットからは様々な反響が…

本日のブログ更新「クリミア半島へロシア海軍の地対艦ミサイル"バスチオン"のサイロ発射型が配備される」rybachii.blog84.fc2.com/blog-entry-318… pic.twitter.com/tDN44ohvp5

尖閣ばっか 注視していたら 北の北方領土にロシアが地対艦ミサイル配備してて 「ぐぬぬ」てなってる。日本は南北に長いのね。

尖閣周辺にロシア軍Ka-27が。それに対し空自はスクランブルと。 ヘリに対して戦闘機のスクランブルって大変そうなイメージが…。速度差…。

【ロシア外交のしたたかさが出ている。米国次期大統領がトランプ氏になったのを意識しての攻勢か?『ロシアが北方領土に地対艦ミサイル配備、実効支配誇示狙いか?』】 安倍総理の地元、長門市での首脳会談を前に、攻勢に出ているようにも思える sankei.com/world/news/161…

北朝鮮がミサイル上げたら、さんざん非難するのに、 ロシアが北方領土にミサイル基地作ったっていうのは、非難しないんだって… 弱いものいじめは得意だけど、強いものには弱いの?おとななのに…

安倍総理の盟友だった中川昭一さん、曰く。「北海道の政治家として、絶対に譲れない一線。領土というのは2島と言ってしまった瞬間に、2島以上のものは返ってこない」。ロシアや中国との交渉はそれが現実ではないでしょうか。「4島返還」を捨てた平和条約など要らない。領土を割譲してはなりません。

ロシア太平洋艦隊の機関紙によれば、北方領土の択捉島と国後島にロシア軍が新型地対艦ミサイル「バスチオン」と「バル」を配備したとのこと。やはり、領土交渉は暗礁に乗り上げているのではないか。こんなことをされて経済協力をするとすれば、「食い逃げ」の批判は免れない。

ロシアの狙いは、どこにあるの?

ミサイル配備の公表も、北方四島への露側の実効支配を誇示する狙いがありそうだ。

日本との平和条約交渉にかかわらず北方領土の軍備強化を進めるロシアの姿勢が鮮明に

国後島と択捉島で軍事関連施設の建設も進めていて、実効支配をいっそう強めている。

今後、ロシアと日本政府の動きに注目が集まる

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。