1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

予告編にゾクゾク…妻夫木聡×満島ひかり『愚行録』が気になる

数々の映画賞に輝いた『悪人』で共演した妻夫木聡と満島ひかりが再タッグを組む『愚行録』。人気作家・貫井徳郎の同名ミステリーが原作だが、先日ついに予告編が公開。登場人物たちの意味深なセリフの数々に、ネットではさっそく反響が集まっている。小出恵介、臼田あさ美、中村倫也、眞島秀和、濱田マリ、平田満らも。

更新日: 2017年11月14日

75 お気に入り 98343 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

▼『悪人』の妻夫木と満島が兄妹役を演じる『愚行録』

『愚行録』(2017)

妻夫木聡と満島ひかり

週刊誌記者の田中が一家惨殺事件の真相を調べる中で、理想的な夫婦という世間のイメージとはかけ離れた被害者の実像を暴いていく。

『悪人』(2010)

日本アカデミー賞主演男優賞(妻夫木)など多数の映画賞を受賞

▼原作は人気作家・貫井徳郎の同名ミステリー

貫井徳郎『愚行録』

羨望や嫉妬、駆け引きなど、誰もが日常的に積み重ねている「愚行」が複雑に絡み合っていく様を描いた。

デビュー作『慟哭』で脚光を浴び、『乱反射』で第63回日本推理協会賞を受賞、『後悔と真実の色』で第23回山本周五郎賞した貫井氏。

▼事件の意外な真実と妹逮捕に直面する記者を演じる妻夫木

ある時、エリートサラリーマンの一家が殺害され、世間を震撼させる。犯人が見つからないまま1年が過ぎ、改めて事件を追おうと決意した週刊誌記者の田中は取材を始める。

関係者たちの証言から浮かび上がってきたのは、理想的と思われた夫婦の見た目からはかけ離れた実像、そして、証言者たち自らの思いもよらない姿であった。

その一方で、田中も問題を抱えている。妹の光子(満島)が育児放棄の疑いで逮捕されていたのだ。

▼共演陣も実力派揃い

小出恵介、臼田あさ美、市川由衣、松本若菜、中村倫也、眞島秀和、濱田マリ、平田満という実力派が結集した。

写真左から、小出恵介・臼田あさ美・市川由衣・松本若菜・中村倫也・眞島秀和・濱田マリ・平田満

殺害された夫・田向たこう浩樹 (小出恵介) の会社同僚の渡辺正人(眞島秀和) 。 妻・友希恵 (松本若菜) の大学同期であった宮村淳子 (臼田あさ美) 。

淳子の恋人であった尾形孝之 (中村倫也) 。そして、大学時代の浩樹と付き合っていた稲村恵美 (市川由衣) 。

▼気鋭のスタッフたちが巧みに映像化

監督は、世界的巨匠のロマン・ポランスキー監督を輩出したポーランド国立映画大学で演出を学び、本作で長編映画監督デビューとなる石川慶氏が務める。

原作者自ら、映像化不可能と言わしめた著作を脚本家・向井康介が巧みに構成し、ポーランドの撮影監督ピオトル・ニエミイスキが圧倒的な映像美と構図を織りなす。

気鋭の作曲家・大間々昂の流暢な音楽が作品に繊細な抑揚を創りだした。

▼そしてついに予告編が解禁 みな意味深な発言

同時に公開されたポスター。意味深な笑顔。

『愚行録』の予告編が18日、解禁された。全キャストの役柄が判明し、登場人物たちの印象的な表情とせりふが次々登場する。

小出恵介演じる田向浩樹は「俺のために動いてくれたお礼は、ちゃんとしてるよね?」と語り、宮村淳子を演じる臼田あさ美は「やめてよ、人のせいにするの」と言い放つ。

1 2